« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/29

芸南再現プロジェクト 仁潟港駅

順次、芸南急行電鉄の駅を紹介していきます。

まずは、芸急本線の東端・仁潟(仁方)港駅。

Photo

挫折した前シリーズでも使わせていただいた「ガラス屋根の地上駅」(糺氏作)です。

【現実の仁方地区について】

古くは「新潟村」「仁賀田村」などと呼ばれており、「潟」の字が示すように低湿地帯だったらしい。その地形を活かした塩田による製塩業が盛んだったそうな。戦国時代には、小早川氏の一族・乃美氏の知行地になっていたともいう。現在は、釣りの拠点として遊漁船が発着し、釣客で賑わっている。

Image

さらに、依然として公開中の「【架空鉄道】芸南急行電鉄」の説明文を転載(↓)。

「その昔、仁方と愛媛県松山市の堀江を結ぶ仁堀航路というのが国鉄によって運営されていました。いわゆる「国鉄連絡船」。ただ、どう転んでも黒字になる要素のない航路だったため、1982年7月1日で廃止されてしまいました。鉄道連絡船という位置付けだったのに、JR仁方駅から港まで徒歩10分以上と微妙に離れていることが気に入らないので、芸急ワールドでは駅と港をぴったり隣接させました」

現在、仁方港発着の定期航路は姿を消しているようですが、芸急ワールドでは、上・下蒲刈島や大崎上・下島、さらには四国方面への海の玄関口として活況を呈していることにします。

本来、海陸交通の結節点であるべきは呉崎中央桟橋なのですが、この世界ではどういうものか日本海軍が存続しているので、いわゆる軍港要港規則によって港内への民間船の立入りが禁止されており、その代替措置として河原石(川原石)港とか仁潟港が商港区域に指定されているというわけ。

2010/04/22

芸南再現プロジェクト 呉崎市7

だいぶ街らしくなってきた呉崎市・芸急楓町駅周辺の風景。

097_21271859448

駅前から画面右方向(西)に伸びる高速道路は、広浜-呉崎道路(広島呉道路)、通称「クレアライン」。

ということは、芸急百貨店楓町店(BATは「渋谷109」)が建っているのは、ちょうどデオデオとか広島地裁呉支部のあたりになる。よりリアリティを求めるなら、石丸電機LOAXをデオデオの位置に建てるべきだが、土地に空きがなかった。

したがって、楓町駅はちょうど呉市営テニスコートの場所ですな。

下はその夜景。

097_21271859478

逆方向からのショット。

097_21271859511

駅の北口に「ミュージックスタジオ ハロウィン」があるのも、挫折した前シリーズと同じ。今シリーズに完結のめどがついたら、久しぶりに作曲にいそしみたいもんだ。

引き続いて夜景の連発。こちらはJR広瀬(広)周辺。駅前に洋服の青山が立地しているのは現実と同じ。

097_21271859849

大規模な高層マンションも、何となく現実を髣髴させる。

画面左上の農地には、いずれ全天候型アリーナ(オークアリーナのつもり)を建設する予定。

2010/04/11

芸南再現プロジェクト 呉崎市6

呉崎(呉)市警固屋・音戸地区。

076_11270949817

本土と島の間に道路橋と鉄道橋を建設。

076_11270949866

現実の音戸大橋(1961年12月開通)の特徴である真紅のアーチ橋と三重ループは再現できません。

日本一短い定期航路といわれる「音戸の渡船」については、何とかならないか模索中。

下は、まだ人家すらない波多見地区の様子。大浦崎のあたりも見えます。

076_11270949900

実は、波多見地区の付近ではあるビッグ・プロジェクトが計画されておりまして、このあたりはいずれ大変貌をとげる予定。現実と最も異なる様相になるのは、波多見地区かもしれません。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31