« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/24

武士・天城大鷹【1-2】第22~26話UP

系列ブログ「太閤立志伝5 攻略史」に以下の記事をUPしました。

第22話 広島城 増築
第23話 羽柴秀吉をヘッドハンティング
第24話 近畿統一&織田家滅亡
第25話 武田氏も配下に
第26話 強引にエンディング

2009/07/22

Ever17 -the out of infinity-

Ever17 -the out of infinity- [恋愛ゲームセレクション]

発売元:サイバーフロント
発売日:2008-09-19
価格:¥ 2,437
おすすめ平均:

期待はずれ
「とにかく最後までやれ」「最後のシナリオがすばらしい」
Ever17をプレイする前によく言われる言葉である。
しかしそれは、裏を返せば最後以外はイマイチということを認めてしまっているのである。

よって、このゲームの評価の基準としては、最後のシナリオのすばらしさによって、それまでのシナリオのマイナスを補って余りあるプラスがあるかどうか、という点になると思う。また、この高評価の嵐にかんがみれば、大多数のプレイヤーが、プラスがあると考えたのだろう。

しかし、私は、最後までクリアしても、そのプラスがあるとは認められない。以下、その理由を述べる。

・差し引きのマイナスが巨大すぎる
 つまらない会話、くだらないギャグ、唐突で冗長な説明、本筋に関係ないのに無駄に詳しく量も多い薀蓄(専門知識が本を丸写しした感じで頭に入れづらく、テンポを悪くする)、無理のありすぎる展開、スキップの遅さ、解決されない謎などなど。消化不良もはなはだしい個別ルートにどれだけ辟易させられたことか。
 特に、日常シーンが同じことの繰り返しが前提なのに、まったく面白く感じられないことがとてつもない苦痛であった。
 ゲームのシナリオ量全体を10とするなら、最後のシナリオが2で、退屈なだけの作業が残り8、つまりEver17の80パーセントは凡作以下の駄作といっても過言ではないレベルだったのだ。少なくとも私にとっては。
 それまで何十時間もかけた退屈な時間の積み重ねを完全にスルーして、最後が少しよかったというだけで安易に高評価を与えるべきではないと思う。
 「最後までやれ」といわれていなければ、確実に途中で投げるレベルだった。

とにかく、音楽やCGのある程度のよさを差し引いても、総合点では確実にマイナスになるゲームだった。期待していたぶん、非常に落胆させられた。

Vistaだけ遊べる
Vistaじゃなければ、字が読めない。
ever17の声優はすばらしいです。

Ever17
わたしは、この作品にまんまと騙されたうちの一人である。
まず登場人物の一人に嫌悪感を抱き放置していたのだが、皆が言う傑作をそんなことで体験しないのは実はもったいないなと考え正し半ば我慢しながらプレーを再会したというのがスタートだったのであるが。

そして今でも反省しているのだが、その中途半端なプレースタイルだったにもかかわらずわたしはこの作品に対して最低の評価を下してしまったことである。プレー後自分のレビューを削除し書き直したのだが今でも愚かだったなと自分でも思う。

ということでギャルゲーなんじゃないのか?とか退いてしまっている、かってのわたしのような人にも是非プレーしてほしいのが今作である。
この作品はゲームでしか出来ないことを作品とした素晴らしいものであると今なら胸を張って言える。
わたしの考え方をガラリと変えたのはこの作品であると今なら言える。

色々な角度から物事を見ることはとても大切である。
皆もおおいに騙されてほしい。

神ゲー
このゲームについて語るのは難しいです。

哲学的な問いかけ、ストーリーの素晴らしさ、言葉では言い表せません。
いろいろと「騙されてしまう」作品です。
普段恋愛ゲームをしない人にもおすすめします。

騙されたと思って買ってみてください。

PS2未所持の方の向け
ゲーム自体の内容は文句無しの星5で、ネタバレになるので詳しくは書けません。
ひょっとしたらキャラクターに好き嫌いがあるかもしれませんが
かなりの高確率で騙されます。未プレイの方は、是非
余談ですが、声優の演技も光りものです。
名作が、大安売りのような形になっているので星3つ。

【PR】ホームセキュリティ対策

2009/07/20

CHAOS;HEAD

CHAOS;HEAD

発売元:ニトロプラス
発売日:2008-04-25
価格:¥ 6,980
おすすめ平均:

最高のゲームの一つ。
このゲーム完成度の高さもさることながら、
自己同一性(アイデンティティ)について、哲学的な問いかけがその価値を高めている。

哲学をすると、自分とは何か、なぜこの体に、自分の心が合致しているのか?

という疑問にぶち当たる。これは、永井均<子ども>のための哲学 で語られていることと同じ。マトリックスでも同じようなことを扱っていた。

僕らはゲームに登場する主人公やヒロインのように、自己同一性への不安が
爆発する可能性の中で生きている。

主人公およびヒロインは、自分が自分であることの根拠が一度すべて崩壊する。もともと誰も持っていないものだが、自分が自分であることの根拠が無いことをしっかりと認識させられる。

絶望の淵で、本当に自分がどうしたいのかを考える。主体性を持って行動出来るようになる。

そして、そのアイデンティティを手に入れる方法は、能動的であることなのだ。

最終的に、主人公のアイデンティティは、最高の方法で他者によって確立させられる。

副題をつけるとするならば、「おたくのための哲学入門」 だろう。

大作にし損ねたゲーム
主人公はオタクで引き篭もりがちなダメ高校生。
そんな彼を中心に事件が起きていきます。
「妄想」が物語の謎を解くキーワードなんですがジャンルが進行につれてコロコロ変わるので何をメインにしたかったのかよく分からないのが本音。
序盤は謎の連続猟奇殺人にスポットを当てたサイコミステリー、中盤は身を守るためにディソードと呼ばれる剣を探し、終盤は主人公が覚醒して悪と戦うというバトル物。
プレイ時間は決して長くなく20時間前後、この長さなら正直サイコミステリー路線のままラストまで行ってほしかったです。
設定は結構きちんとしてあるのにシナリオがあっさりしているので拍子抜けする人もいるかもしれません。
もしこの設定を満足に展開させるなら倍の40時間分の分量が必要なんじゃないでしょうか?
プロット時点では大作だったのでしょうが、実際の制作ではシナリオは縮小して、世界観と設定だけ大作のまま残ってしまった。そんな印象を受けました。
それと嫌でも注目してしまうのはグラフィック面でのグロですが、最近グロの描写を前面に押し出しているゲームは多いですが私はグロとゲームの面白さは直接関係していないと思っています。
グロは嫌いな人は多いと思いますが、大好きで見たいって言う人は少ないと思いますし…。
グロは文章だけでも伝わりますし、仮にこのゲームでグロ描写をぼかしていたとしても面白さは下がると言う事はないので必然性が無い限り極力避けて欲しかったです。
最後に他のレビューも読んでもらうと分かると思いますが主人公を演じている声優さんの演技はすごいです。
今までに無いタイプの主人公をバッチリ演じていらっしゃいます。
主人公が連続殺人に怯える序盤が一番ドキドキしました。
色々惜しいゲームだと思いますが興味のある方はどうぞ。

プレイ後の感想
とりあえず1週目クリアしました。クリア後の感想として

■良かった点
@主要キャラの声優陣がうまい。特に主人公の声優さんには鬼気迫るものがある。

@剣のデザインが格好いい。剣は3dで作成してるんだろうか?すごい細部まで作りこんである。

@キャラが個性的で魅力がある。絵柄はどっちかっていうと、あっさりした感じの万人向けなもの。女性にも好まれそう。

@OPとEDの歌がいい。歌っているのは、ひぐらしやデモンべインで有名な「いとうかなこ」さん。

@主人公のキャラクターが強烈。いい意味でも悪い意味でも。よくあるエロゲの主人公よりは共感がもてる部分が多かったし、個人的にはアリかなと思った。たまに口走る迷言に何回か吹いたw

@話が面白い。謎解き要素が多く先が気になる展開になっている。恋愛要素はあまり無い。(その分主人公の妄想でそれを補っている。)

■悪いところ
@主要キャラの声優と比べてモブの声優がひどい。音設定でotherをoffにしておくのを推奨。

@イベントCGが少ない。なんか重要なシーンでも立ち絵の使い回しであったりとか、CG無しでテキストのみとかが結構あった。1枚1枚がよく描かれているのでもったいないなと思った。

@グロいシーンが多い。特に後半はグロシーンの連続で正直しんどかった。。。(実際にCGで見せることはほとんど無い。あくまで文章内の表現。)

@ヒロインとの絡みが少ない。主に主人公視点で話が進んでいくので、そのヒロインに纏わるエピソードとかはあまり聞けない。(今度箱ででる「ノア」ではヒロイン攻略ルートみたいなのが追加されたみたいなので、そういうのを期待してるなら箱の方を買おう。)

てな感じです。
アニメを見てそれに影響されて原作の方も購入したんですが、結構面白かったです。グロに耐性があって、オタクに偏見が無いというなら女性の方でも楽しめる内容だと思います。

マインドorz
とにかく精神攻撃が強烈です(笑)グロ、その他耐性がないと多分きついです。
豪華な声優陣による熱演(特に主人公)や綺麗なグラフィック、文章、演出、豊富なネタ
などにより、ハンパないクオリティに仕上がっています。
またプレイヤーの心理に訴えかけるシーンが多い。ぐいっと惹きつけられます。

ただ勿体ないのはそれだけ素晴らしい舞台と役者が揃ってるのにどうにも物語が・・・。
主人公がヘタレで駄目な行動取るのは感情移入もできる点なのでいいんですが、
いろいろな場面で「何でそうなったの?」の説明がないまま「妄想」という
煙に巻かれてしまったところが多すぎるように感じました。

妄想トリガーは最終結果の分岐にしか影響しないので、2つ目のエンディングを見るのは
はっきり言って苦痛です。そもそも複線の張り方と回収の仕方がうまくないので
2周目をやっても「ああ、なるほど」とかいったカタルシスが得られない。
妄想トリガーの使い方次第で事件の色々な側面が見られるとか、妄想トリガーによって
世界に影響を与えるとかやって欲しかった。(それでは選択肢とあまり変わりませんがw

スケールの大きな物語をほぼ1本に収束させようとしたのに無理が生じたのでは?
分岐がたくさんあれば色々できたように思います。カッコイイ武器の存在とか勿体ない。

2008年で1番よかった
いやー25日に公式サイト見て10分で注文して1日でクリアしました
感想をば

・シナリオ
序盤はもしかしたらダレる人もいるかもしれない。でも複線とか結構あるから自分は終始引き込まれてた。

・グラフィック
キャラグラは完璧。背景なんかも文句なし。
梨深の立ち絵がちょっと残念だったかも。

・BGM、SONG
神ですね、まじで。
EDのDesire Blue Skyは必聴です。神です。

全体的に文句のつけどころがあまりなかったかな。ちょっと専門用語あるけど、解説もちゃんとあるし気にならないとおもう。自分は専門用語はほぼ知ってたので気にならなかった。

とりあえず買うのきめたのが25日で注文してきたのが27だから下着パッチ間に合いませんでした;w;
でも七海が予想以上にかわいかったのでそんなものいらなかったとゆう罠(ぁ
12/26発売のコレクションカードも買いまふ。七海コンプしたいです。

最後に
グロいのはそこまで過激じゃないので、あまり耐性なくても大丈夫だとおもわれます。
あとアドベンチャーではないのでヒロインルートなんかはありません。あくまでNVLですので。確かEDは4つだったかな。
2/26日にでるCHAOS;HEAD NOAHは個別ルートがあるアドベンチャーになってます。こっちもほしいです。しかし箱買う金なんかないよおおおおおお

ラストにぃぃぃぃぃぃぃ
七海LOVE!

【PR】ホームセキュリティ対策

2009/07/16

サクラ大戦3~巴里は燃えているか

サクラ大戦3~巴里は燃えているか~(DVD-ROM版)

発売元:セガ
発売日:2007-01-25
価格:¥ 3,852
おすすめ平均:

シリーズ最高傑作は凄かった。
友人が大絶賛するので借りてやってみたら自分の想像以上に面白かったです。
もうOPを観たとたんスゴイの一言ですよ。キャラ、シナリオ、音楽、演出など全てが最高ですしさすがにシリーズ最高傑作と言われるだけの事はありますね。
PS2の中古の価格もスゴイし本当に全てが一級品ですね。そして今度PS2のベスト版が発売されるのでもう即行で予約してしまいました。それに何か特典も付くみたいだし最高に嬉しいですね。この調子でサクラ大戦6も出してほしいですね。

麗しき…花の都巴里…

PSPでサクラ1&2をプレイしてからサクラ大戦にどっぷりはまった私
ついに3に進出!!
って…プレステのソフト何でこんなに値段上がってるの!?…
ということで、自分のおサイフと相談した結果この道を選びました(∀)
シリーズ最高傑作とも言われる3…
どんだけスゴイの…?
あえての15禁の意味は…?
いろいろな疑問が飛び交うなかさっそく開始(∀`
まずはオープニング
ゲキテイとは一味ちがったオシャレだけど一度聴いたら頭から離れないインパクトの強い歌です(∀)

内容はいくらギャルゲーと言われつつもしっかりしていて、恋愛に対する姿勢が前2作より強くなっているかんじ
おきまりの必殺技は定期的に変わるこだわりようで最後の必殺技はかなりこってます。キレイですよ

帝劇メンバーが交代で来てくれるのもスゴクうれしかったです。
エンディングに近づくにつれて深まる二人の関係
大神さんはいけない子だからたとえ『帝都に将来を約束した人がいるんだ』宣言した後でもヨユウで恋人オーラ出してます…

他にもすばらしいものがたくさんあります
それはプレイして感じて下さい(∀`
『百聞は一見に如かず』
です(∀)

では巴里で優雅に過ごして下さい

いいですね
PSPの1&2の後のプレイです。

キャラ一新に加え、戦闘システムも少し変わっています。
升目ではなくなり、行動のシステムの変更があり、自由度が増えています。

1周の長さは1・2より短くなっていると思います。
ミニゲームが面白く、長く遊べたので、全体的には短いとは感じませんでした。

1・2が面白かった人は、勝って損はないと思います。

まさにドラマチックアドベンチャー
セガサターン版の1&2以来のプレイということで、久々のサクラ大戦となりました。現在、家庭用ゲーム機を所持していないため、こういった感じのゲームのパソコンでの存在も、また一興だと思いました。
素直に一言、非常に面白かったです。
相変わらず、こちらが恥ずかしくなる程の「お約束」な展開。ただ、そこがいいんです。ピンチの時の救援、そしてパワーアップ、純粋な視点でプレイ出来る方ならば、全てが心憎い演出となるでしょう。
度々サクラ大戦シリーズをギャルゲー視する方がいらっしゃいますが、そこが素朴な疑問です。よく考えてみてください、あの中に「女性」として魅力的なキャラクターはいますか?個性が強すぎて、共に戦う友、もしくは同僚にしか感じません。「恋愛」を感じる要素は皆無です。普通に子どもがいるんですよ(笑)?仲間としての魅力はあっても、女性としての魅力はない、そこがサクラ大戦はドラマチックアドベンチャーの部類になるんだと思います。
DVDとなり、ディスクの入れ換え作業が不必要なのは◎ですね。ただ、キーボードのプレイはそれほど苦になりませんが、ミニゲーム時にはコントローラーを用意した方が良いかもしれません。
未プレイの方にはお薦めです。素直な方、純粋な方には特に尚更受け入れられるゲームとなるでしょう☆

面白いです
女の子との会話を通して女の子のやる気をあげることで戦闘能力を高めて戦うゲーム。
戦闘はFFタクティクスやスパロボに近いかと思います。
一般的にはギャルゲー+戦闘+コメディのあるゲームという認識でいいかと。
エロ要素はほとんどないですが、コメディが普通に面白いので見ていて飽きません。
登場キャラが個性的で好感が持てます。
また音楽や声優さんも印象に残る良い曲と声でした。

全クリしましたが、サクラ大戦3はミニゲームもとても面白かったです。
ポーカーやブラックジャックとかもあって、ルールを知らなかったのですが、
チュートリアルがあってルールを覚えることができました。

総合的に満足度は高かったです。

【PR】ホームセキュリティ対策

2009/07/14

リトルバスターズ!

リトルバスターズ! 通常版

発売元:KEY
発売日:2007-09-28
価格:¥ 6,301
おすすめ平均:

今までのKeyと違う雰囲気
今までのKey作品とギャグセンスが違いすぎます。
これまでので爆笑だった人には面白くないと感じる可能性大。
自然な演出が好みだった私としましては、わざとらしい演出が多くてプレイしていて嫌気が差しました。
一番面白かったのはミニ野球ゲームでした。

Keyは素晴らしい
素晴らしく感動した。
Keyのゲームでよくなかったのは「Kanon」だけですね

多くの人に知ってもらいたい
たくさん笑った。たくさん泣いた。
一つの作品でこれだけのことができるのはおそらくリトバスだけかと。

最高の作品
 まず、これほどまでにすごい作品を見たことがありません!
友情と恋愛と主に二つの要素を入れてある作品で、最終的なシナリオにたどり着くまでのそれぞれのルートに秘密が隠されていて、最後にすべての内容が理解できるようになっているので、とても奥の深い作品になっていると思います。個人的な感想でしかありませんが、何度泣かせられたかわかりません。もちろんクラナド等のkey作はどれもいいと思いますが、やはりリトバスはkey作の最高傑作と言っても過言ではないと思います。次の作品にも期待ですが、この作品に勝るものが作れるのかと思ってしまうくらいです。
 話はかわりますが、何といってもCG「画像」がはんぱなくきれいだと思います。これはすすめる理由の一つです。やってみればわかります。泣いて笑ってとても楽しめるそんなゲームです。ぜひ一度やってみください。「EX版もおすすめです。CGを集めたい人は攻略法をみながらのほうがいいと思います。」

俺達リトルバスターズ!
keyの最新作。これまでとは雰囲気が違うがそこがイイ!仲間たちの友情が熱く語られております。個別ルートに関してはうんぬん言われてますが、本命は「Refrain」だ!!!

男キャラが最高ですね。筋肉w筋肉w

エクスタシーが発売されているのでそちらをお勧め。(Hシーンはいらないですが・・・)新キャラや加筆修正などもされておりいい出来です。

恭介カッコイイ・・・

【PR】ホームセキュリティ対策

2009/07/12

メディーバル2:トータルウォー

メディーバル2:トータルウォー 日本語版 初回生産限定版

発売元:セガ
発売日:2007-04-05
価格:¥ 7,371
おすすめ平均:

凝り過ぎてなく楽しめる
最初に選べるのは5勢力(神聖ローマ・イングランド・フランス・スペイン・ヴェネチア)のみだが、ゲーム中他勢力を滅ぼすとハンガリー、オスマントルコなどほとんどの勢力を選べるようになる。最初ちょっとがっかりしかけたので参考までに。

AIはかなりいじわるで婚姻同盟を結んでいても平気で裏切ってくる。基本2、3勢力を相手に西進東翻させられるだろう。宗教をからめたイベント(ローマカトリック・ギリシャ正教・イスラムの三つ巴)も当時の雰囲気を味わえて着眼点の良さに納得できる。

戦闘はAIは農民とか市民兵を数揃えてかかってくるだけなので物足りないが、半分の兵力で精兵でけちらすのがまぁまぁ快感(笑)歯ごたえのなさを感じたらオスマントルコでプレイして、モンゴルとティムールの精兵にガチで戦いつづけたらいい(内政する間もないほど攻められます)かと。

最高の歴史ストラテジー
信長や三国志のシリーズではわからなかった。
戦場のリアリティがこのゲームにはあります
歴史ゲーマーは必ず買い

PCスペック
C2DE6600 GeF7600GT MEM1Gでやったのですがフリーズ、PCがオチてしまう症状が出ました。

メモリを4Gに増やしても効果なし(XPなので実質3G)

グラフィックを下げたところ(シェーダ2→シェーダ1)快適に動作。
特にシェーダのPC負荷はおおきいがグラフィックの差もおおきい。
シェーダ1はローマTWと同レベルのグラなのでそれならそれを買ったほうが良い。

やはりグラボかとGeF9600GTに交換したところグラフィックMAXにしても動作。

良作なのでグラ下げても面白いのですがやはり迫力が違うのでグラボは良いものを搭載することをオススメします。(gefなら8800↑)

フリーズ&再起動の連鎖…
まあとにかく動作が重いですね。ちょっとした会戦やムービーがあるとすぐさまフリーズしますよ。
私のPCはPentiumD 2.8G、メモリ2GB、グラボGeForce 8600GTで、ゆうに推奨動作環境をクリアしてるはずなんですけどね…画質などを最低近くまで下げても変わりませんよ。
内容についても単純に欧州版信長をやっているとしか思えないし、何より内容を楽しむ前にフリーズ・再起動の繰り返しで、ちっともゲームを堪能できませんでした。

このゲームをこれから買おうと思ってる方は、相当PCのマシンスペックを要求されるので注意してください。

マルチがね
前作に比べグラフィックが格段にアップしている。ユニット同士の激突はやはり圧巻だ。シリーズ最高の出来なのはたしかだ。
しかし、マルチ環境の不備が残念。事前にGameSpyIDを英語のページで(日本人には致命的?)取得しなければならない。ゲームキーを大文字で入力しないとプレイできない(最初に言え)。前作と違いどうしてプレイヤーを煩わせる仕様にしたのかわからない。どんなに内容がよくてもプレイ環境がお粗末では元も子もないと思うのだが。
評価はマルチの分だけ減点しておく。

【PR】ホームセキュリティ対策

2009/07/10

大日本帝国【1-2】第26~32話UP

系列ブログ「ハーツ オブ アイアン 架空戦記」に以下の記事をUPしました。

第26話 フィリピンとも講和
第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合
第28話 進展する技術開発
第29話 ナチスドイツ ズデーテンラントを併合
第30話 アゾレス工作開始
第31話 ナチスドイツ チェコを併合
第32話 ノモンハン事件 勃発

2009/07/08

武士・天城大鷹【1-2】第17~21話UP

系列ブログ「太閤立志伝5 攻略史」に以下の記事をUPしました。

第17話 大友家滅亡
第18話 毛利元就 死去
第19話 天城家 独立宣言(=謀反)
第20話 対馬(宗家)攻略
第21話 居城を広島城へ

2009/07/06

マブラヴ オルタネイティヴ

マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)

発売元:アージュ
発売日:2006-09-22
価格:¥ 5,670
おすすめ平均:

冥夜ルートが欲しかった
グロ耐性ゼロなので(エイリアン×ターミネーター△程度)、事前に情報収集し、グロ場面をあらかじめ予測すると共に全年齢版を購入する事に致しました。

結果、グロはほとんどショックを受けず、シナリオを楽しむ事ができました。しかし、あるシーンを何度もフラッシュバックさせるので、ちょっと嫌な感じがしました。

後半は、怒濤の如くの展開ですね。マブラヴからプレイして、愛着を持っていたキャラクター達だっただけに、辛いものがありました。

特に冥夜がらみに関しては、既に純夏シナリオに一本化されているせいか、最初から展開的に冥夜にとっては辛い展開になっている事がかなしかった。純夏ルートへの一本化がスタッフの心だとわかってはいるけれども最後も是非冥夜ルートが欲しかった。冥夜びいきの私としては、悲しい展開でした。

やって後悔無し、やらずは一生の後悔
ここ数年で、最強にインパクトを与えてくれた作品列です。
君が望む永遠 → マブラヴ → マブラブ オルタネイティブの順でプレイしてきた私にとって、衝撃の連続でした。シナリオ良し・音楽良し・歌良し・画質良し・システム良し。

この作品に出会えたことを、感謝しています。

ちなみに、マブラブ オルタネイティブは手術前の病室に持ち込んで入院期間中に結構進めました。やり過ぎで、帰宅後、再出血、緊急再手術のオチがありましたが、本人としては本懐を遂げた感じです。

クリア後は、『マブラヴ』の主題歌が各バージョンごとに歌い方が少しずつ変わってきていることに気がつくでしょう。同じ歌詞でも、同じ曲でも歌い方で、その意味が変わるという奥深さを聴かせてくれました。

感謝を。

むしろ☆6
まず、武ちゃんが等身大の人間である事により共感できる部分が多々ありました。ていうか、この主人公ヘタレで有名ですが私からすれば、は?どこが〜?っていう感じです。むしろ、どんなに打ちのめされてもしっかりと成長していく様を見ていると胸を打たれます。感情移入できれば、それが解ると思います。 後、この作品の戦術機をデザインしたのがニトロ+だけあっていい仕事してます。武御雷かっこよすぎ… まあ、多少あざとい部分もあるんで、嫌いな人はとことん嫌いになる作品でしょうがね、私は奨めます!OPからしてヤベェもんよ、鬼熱いもんよ(笑

神ゲー!!
燃えあり、泣きあり、鬱あり…今までにないゲームでした!
無印からやっていますが素晴らしいゲームでした。
シナリオが前作とちゃんと繋がっていますし、キャラ、演出、音楽、ムービーなど全てのクオリティが高かったです。
大袈裟かもしれませんが自分の中ではもうこれ以上のゲームには出会えないと思っています。

アニメ化・・・・いや、劇場版はまだかっっっ!!!
これはギャルゲーじゃないですね・・・

凄い! としか言い様が無い!
感動したと熱かったとかじゃねぇぇ!!!
兎に角凄かった!!!(頭弱いなぁ俺・・・)
読み進めれば進むほど衝撃的な事が起きたり、解ったり、止めれなくなった。
戦闘シーンの緊張感はハンパねぇ。ただ読んでいるだけなのに、クリックしてるだけなのに、緊張し過ぎて心の臓がバクついて、初めて手に汗握るを体感した。
人が戦死する度に目が潤んだような気がした。てか潤んだ。
ラストバトルは涙を流した・・・・久しく流してなかったなぁ・・・・。
悲しい出来事もやばかった・・・・冥夜には悪いが純夏がヒロインだよ・・・。
演説シーンは神。PCの前で敬礼!
最後の名前を叫ぶシーンは思わずこっちまで叫びそうになってしまった。
ガチ涙腺崩壊です。

「マブラヴ」及び「マブラヴ オルタネイティヴ」を作ってくれた人達に感謝です。
まだマブラヴに触れていないそこの貴方っ、最近のぬるいゲームに飽き飽きしているそこの貴方っ、悪いことは言いません、やりましょう。
結構長い物語なんですが、消費した時間以上の何かを得られ筈です。時間を割くには十分な作品だと思います。
あ〜〜また涙腺が・・・・

あと、これから「マブラヴ」を始めたい人は、PCゲームマブラヴ(全年齢版or18禁版どちらでも可。個人的には全年齢版を勧めます)を初めにプレイして下さい。
その後に、続編である、PCゲームマブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版or18禁版どちらでも可。個人的には全年齢版を勧めます)をプレイして下さい。
余力があればファンディスクの「サプリメント」「ALTERED FABLE」をプレイしましょう。
では、人類を勝利に導いて下さいっ!!!

【PR】ホームセキュリティ対策

2009/07/04

カンパニー オブ ヒーローズ:テイルズ オブ ヴァラー

カンパニー オブ ヒーローズ:テイルズ オブ ヴァラー 【TALES OF VALOR】

発売元:ズー
発売日:2009-04-24
価格:¥ 4,752
おすすめ平均:

キャンペーン短っ!!しかし・・・
しかし、面白いのがこのシリーズです。
今回は戦車に直接射撃というモードが付いたので練習としてキャンペーンにビットマンで有名なヴィレル・ボカージュでティーガー戦車を使用し暴れることができます。(短いですが・・・
感覚は戦車ゲームという感じで、戦車には徹甲弾、陣地や歩兵には機銃・榴弾といった感じで選んでポインタでクリックして射撃します。ティーガー戦車の圧倒的な力で蹴散らしていくのは爽快です。

今回もお勧めの作品に仕上がってます。

現在 ハイエンドだと
過去の2作も買いました。キャンペーンは全部で9つ、あっという間に終わります。えーもう戦いは終わりかい・・・そうツッコミたくなるでしょう。
キャンペーンで言えば1作目が最高でしょう。
金額的には高い感じですが、オンラインが出来ないなら間違いなく高いでしょう。
しかし まあなんと面白いんでしょう!RTSで第二次世界大戦もの、これ以上ありますか。
ありません、知りません。製作者に敬意を表します。マルチプレイは時間を忘れます、開発の順位 生産の順位 配置の戦略 好きな部隊。2作目より オンラインは軽い感じです。
ちなみに、ほとんど外人さんでしょうが、とんでもなく強いです。
ゲームなんですが 考えるんです。歩兵でティーガー戦車に出会ったら、生きた感じじゃーありません。MG42が前面から撃たれたら、生きた感じじゃーありません。砲撃さらたら、もちろん すでに死んだも同然です。よくもまあ、この時代に戦った男たちは こんな辛い戦場を戦ったもんだと考えます。ほんの少しの理解なんでしょうが。
私が小学生だった25年ぐらい前に夢みたゲームが ここにあるのです。

【PR】開運グッズなんでも通販

2009/07/02

三國志X パワーアップキット

三國志X パワーアップキット (説明扉付スリムパッケージ)

発売元:ソースネクスト
発売日:2008-07-25
価格:¥ 1,765
おすすめ平均:

10作目にしては、
「9PK」の次に「10PK」を購入。
第一印象は「9PK」の方が良い、「10PK」に慣れるのに時間が掛かった。
良い点
・戦闘−野戦、攻城戦は何回やっても飽きずにできる。
(ただし、市街戦は無意味だし、弓兵系+兵器で圧勝過ぎるのもチョット・・)
・イベントが豊富
・舌戦−初モノにしては結構楽しめる

悪い点
・戦役−今いち馴染めず途中でリセット
(時間が掛かり過ぎる、地味、面白味無し)
・決裁−君主、都督にとっては良い迷惑
(太守のみ可能にすれば良い、君主が夜盗退治って・・日数の無駄使いしなくちゃいけない)
・本拠地と直轄都市−自勢力内の都市を自由に使えない
(委任しても遊び惚けてやがる、内政向上なのに兵士バンバン増強する)
・COMの弱いところ
(戦争挑めば負ける事は無いし、逆に自勢力のCOM太守はほとんど負けて領地と武将を持っていかれる)
・義兄弟の血濃すぎ
(劉備軍勢が滅亡し3兄弟が別々の主君配下になっても、誰か一人居れば軽々登用成功)
・日数単位
(自分の子供を指導している最中や特技を教えてもらう為に師事を受けている20日前後は、例えピンチになってもノータッチで世間は動く)
・マウス操作が結構疲れる

10作目がコレか・・・って少しガッカリな印象、でも結局「魏・呉・蜀」の3回は天下統一する。


個人的には面白かったです
 自分がプレイした三国志シリーズの中で結構遊びました。
全武将システムなので、どんな身分の武将でも気に入った武将で遊べるというのがいいです。

ただ、人間関係のシステムですが、これは[の方が格段に良かったです。
例えば仇敵に遭遇した場合、[なら選択肢で行動を選べたのですが、]では有無を言わさず一騎打ちになってしまいますので、あまり面白みもありません。
他にも義兄弟のメリットや、会話イベントの種類等も[の方が豊富です。
これらが]にも採用されていたらもっと良かったのですが・・・。

もう一つ残念なところというと、やはりCPUの悪さと戦役ですね・・・。
自勢力の(プレイヤーのいる都市以外の)都市が他勢力に攻め込まれた場合、それなりに防備を固めていてもほとんどの確率で負けます。
バランスが悪いので、これはちょっと・・・と思います。
戦役もとにかく操作性が悪く、めんどくさいです。やたら時間がかかるしやっていてイライラします。これは無い方が良かったです。

パワーアップキットの場合、ある程度は編集できますから、テンポの悪さも多少補えると思います。

【PR】開運グッズなんでも通販

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31