« ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵 | トップページ | ラグナロクオンラインビギナーズパッケージ 2009 »

2009/06/12

Age of Empires 3 アジアの覇王

Age of Empires 3 アジアの覇王

発売元:マイクロソフト
発売日:2007-11-16
価格:¥ 4,893
おすすめ平均:

ついにアジアが参戦
AOE3の拡張版第2弾。

追加文明は日本、中国、インドの3つ。今までの文明よりもやや癖がありますが、その分の不利益を違い方法でカバー出来る文明になっています。

またヨーロッパや新大陸(アメリカ)よりも身近なのでシナリオは楽しみやすいと思います。
ただし、シナリオにつながりないのに日本、中国、インドの順でしかプレイできず、好きな順でやらせて欲しかったところ。

追加システムは同盟。他国と同盟を結ぶことで、他国のユニットやテクノロジーの一部を使うことが出来るようになり、戦略が増えました。

AoEの新シナリオ、発売が楽しみだー
本作品を遊ぶためには、AoE III本編が必要となる。
AoEのユニットに、日本、中国、インドのアジア3ヶ国が追加に。
マップも16種類が追加されるが、いかにも古い中国の街並みや、四川省の山水風の風景、日本の本州、草原の広がるモンゴルなど従来とは異なる雰囲気だ。
ゲームバランスにも変化がある。日本の「町の人」は狩猟が行えない。中国はユニット単体生産ができず「旗軍」という単位になる。インドの「町の人」の作成には木材が必要、など。
また、次の時代に移るために、民族の象徴が必要な点もこれまでの文明と大きく異なっている。
キャンペーンにも、徳川家康を父と仰いで育った青年「佐久間吉郎」となり、徳川家のために命を賭して戦う物語。インドは、東インド会社に仕える傭兵部隊の「ナニーブ中尉」が、祖国を独立させるための戦いに身を投じる物語など、これまでにないアジア視点のシナリオがはいった。

もっともAoEのおもしろさは他の人との対戦。ネット上のオンライン対戦では、周りのレベルが高すぎて初心者には対戦相手がいないのが問題だが、LAN対戦等で友達と遊ぶにはもってこい。プレイには、Core2Duoと、そこそこハイエンドのビデオカード、1GB以上のメモリがほしいところだが、ファンならプレイは必須だろう。

【PR】カーライフ徹底サポート

« ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵 | トップページ | ラグナロクオンラインビギナーズパッケージ 2009 »

PCゲーム全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/45272211

この記事へのトラックバック一覧です: Age of Empires 3 アジアの覇王:

« ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵 | トップページ | ラグナロクオンラインビギナーズパッケージ 2009 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31