« GARNET CRADLE | トップページ | EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア »

2009/05/24

CLANNAD FULL VOICE

CLANNAD FULL VOICE

発売元:KEY
発売日:2008-02-29
価格:¥ 5,432
おすすめ平均:

初PCゲーム。自分が親になる前に、ぜひ
アフターストーリーのアニメOPを見て、ただならぬ雰囲気を感じたのがクラナドに興味を持ったきっかけ。PCゲームという少し抵抗を覚えるジャンルで迷いましたが、アニメを視聴するようになって、青春恋愛に留まらない、その先に続いていく現実に向き合う家族の物語に深く感銘し、これは読むっきゃないと決意。
詳しくは本編で読んでいただきたいのですが、一つ言える事はAFTERSTORYまで絶対諦めないでください。前半のよくある(失礼^^;)学園風景でこの物語の真価は判断できません。といっても、学園編だけでも十分秀逸なシナリオでしたが。涙でぼろぼろになりました。
PCゲーム初体験者としての感想を上げますと、この手のゲーム(選択肢で物語が分岐する)は、参加しているというワクワク感があるのは確かなんですが、別のシナリオを見るために以前仲良くなった子を裏切らなければいけない状況が出てくるわけで、結構良心が傷みます。
それと、一度読んだ文章を飛ばして、他のシナリオに途中から入ったりすることもあるので感情移入が難しかったり。 (飛ばさないで最初から読み直すのもありですが、やたら時間がかかります)
後は……朋也の性格がシナリオによっては許せませんでした。(サブシナリオだったので本筋には問題ありませんでしたが。むしろメインシナリオは「こいつとやってきてよかった」という誇らしさがありました)
主人公の声がないのはアニメ慣れしているとマイナス要因ですが、それをカバーするだけの素晴らしさがシナリオに存分に詰め込まれているので、アニメ派の方にもお勧めしたい。アニメにない小ネタも充実ですし。とくに、春原や秋生さん好きにはたまらないでしょう。
そして最後に。親と距離を置いて生きてきた人、両親の破滅仲を見て育った人、恋愛に拒否感を覚えている人。そんな方にはぜひ体験してもらいたい物語です。読み終えた後に……「感動」だけでは表現できない、強くやさしいものが胸に残ります。


汐ルートを見るために全てが存在するような気がした。プレイ時間は長いですが、それだけの価値はあると思います。買って損するどころかお釣りが来るぐらいの物語だと思います。

買って損なし!

おすすめです。僕のようにアニメから知った人や、まだ未プレイだと言う人は、迷わず買ってしまっていいと思います。
主人公の声がないとつまらないと言う人もいますが、僕はそれもアリだと思います。まぁあるに越したことはないですが…。
一つ気になったことは、声優が所々漢字の読み間違いをしてるところがあり、ストーリー進行上に問題はないですが、微妙に興ざめしてしまいます。
それでもストーリーやキャラはすごくいいので、騙されたと思って、是非買ってみてください。きっと感動出来ると思いますよ。

最高です
初めてプレイしたKeyのゲームですがとても感動しました。絵やキャラに癖はありますが自分は気になりませんでした。BGMも素晴らしくサントラも買いました。
ただ難易度が高めで攻略サイト見なかったらクリア出来たかわかりません。
このジャンルに不慣れな人は攻略サイト見た方が良いと思います。途中で放棄するのは非常に勿体無いゲームですから。

「CLANNADは人生」か?
Kanonの冬、AIRの夏、と季節感の強い作品が続いてきて、CLANNADの物語は桜が印象的な春からスタートする。ただ、季節への重点の置き方は先の2作とは少し異なっていて、時の流れ、町の移り変わり、その町に生きる人々をリアリティをもって描く際のコントラストのような働きを季節変化に持たせている。
「CLANNADは人生」などというフレーズもいつの間にか広がっている。なるほど確かに人生の縮図が見て取れる。上のフレーズは実に的確にCLANNADを表現していると言えそうだ。
人は何のために生きているのか? いかに生きるべきなのか? いかに死ぬべきなのか? こういった問の答えを示唆してくれる作品でもある。
「AIR」、「CLANNAD」のキーワードは「家族」、「リトルバスターズ!」のキーワードは「友情」だ、というのは比較的よく聞く有名な考え方であり、これも正しいのではないかと思うが、
これらの3作品には「託す」という共通キーワードが隠れているように思えた。
各作品の中でのこの言葉が意味するところ、すなわち「『どういう意図をもって』『誰が』『誰に』『何を』託すのか」は異なってくるが、3作に通じるキーワードであるように感じた。
ルート(個別シナリオ)によっては必ずしも当てはまってこないものもあるわけだが、このあたりも頭の片隅に置いて進めてみてほしい。
本作を通じて「人が生きる意味」と「積極的に人生をやり終えるための道」が自分の中に見出せる人もいるのではないだろうか。
これは「いつかは死ぬのだから仕方がない」の正反対に位置する態度だといえる。そしてこれは言うまでもなく「いかに生きるべきか」へとつながっていくことになる。
このように書いてきたが、ストーリーは基本的に重い流れではなく、むしろさわやかな部分が大半で、ギャグも充実している。かなりの長編で、隠しルートのようなやり込み要素も多く存在するのが特徴かもしれない。
そして忘れてはならないのが音楽。紛れもなくCLANNADの世界観を作り上げている重要な構成要素である。「空に光る」や「小さなてのひら」が流れる頃にはきっと大きな感動の中にあることだろう。
この商品はフルボイス仕様となっているが、主人公に関しては自分視点ということで、イメージを固定したものにしたくないためか、声は入っていない。また、主人公の名前を変更した場合は、呼ぶときに都合が悪いので全員オフボイスで進むことになる。

【PR】開運グッズなんでも通販

« GARNET CRADLE | トップページ | EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア »

PCゲーム全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/45060380

この記事へのトラックバック一覧です: CLANNAD FULL VOICE:

» クラナド psp [クラナド psp]
「クラナド psp」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

« GARNET CRADLE | トップページ | EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31