« EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア | トップページ | リトルバスターズ! 通常版 »

2009/05/26

CHAOS;HEAD

CHAOS;HEAD

発売元:ニトロプラス
発売日:2008-04-25
価格:¥ 6,930
おすすめ平均:

最高のゲームの一つ。
このゲーム完成度の高さもさることながら、自己同一性(アイデンティティ)について、哲学的な問いかけがその価値を高めている。
哲学をすると、自分とは何か、なぜこの体に、自分の心が合致しているのか?
という疑問にぶち当たる。これは、永井均<子ども>のための哲学 で語られていることと同じ。マトリックスでも同じようなことを扱っていた。
僕らはゲームに登場する主人公やヒロインのように、自己同一性への不安が爆発する可能性の中で生きている。
主人公およびヒロインは、自分が自分であることの根拠が一度すべて崩壊する。もともと誰も持っていないものだが、自分が自分であることの根拠が無いことをしっかりと認識させられる。
絶望の淵で、本当に自分がどうしたいのかを考える。主体性を持って行動出来るようになる。
そして、そのアイデンティティを手に入れる方法は、能動的であることなのだ。
最終的に、主人公のアイデンティティは、最高の方法で他者によって確立させられる。
副題をつけるとするならば、「おたくのための哲学入門」だろう。

大作にし損ねたゲーム
主人公はオタクで引き篭もりがちなダメ高校生。
そんな彼を中心に事件が起きていきます。
「妄想」が物語の謎を解くキーワードなんですがジャンルが進行につれてコロコロ変わるので何をメインにしたかったのかよく分からないのが本音。
序盤は謎の連続猟奇殺人にスポットを当てたサイコミステリー、中盤は身を守るためにディソードと呼ばれる剣を探し、終盤は主人公が覚醒して悪と戦うというバトル物。
プレイ時間は決して長くなく20時間強、正直サイコミステリー路線のままラストまで行ってほしかったです。
設定は結構きちんとしてあるのにシナリオがあっさりしているので拍子抜けする人もいるかもしれません。
もしこのシナリオを満足に展開させるなら倍の40時間分の分量が必要なんじゃないでしょうか?
プロット時点では大作だったのでしょうが、実際の制作ではシナリオは縮小して、世界観と設定だけ大作のまま残ってしまった。そんな印象を受けました。
それと嫌でも注目してしまうのはグラフィック面でのグロですが、最近グロの描写を前面に押し出しているゲームは多いですが私はグロとゲームの面白さは直接関係していないと思っています。
グロは嫌いな人は多いと思いますが、大好きで見たいって言う人は少ないと思いますし…。
グロは文章だけでも伝わりますし、仮にこのゲームでグロ描写をぼかしていたとしても面白さは下がると言う事はないので必然性が無い限り極力避けて欲しかったです。
最後に他のレビューも読んでもらうと分かると思いますが主人公を演じている声優さんの演技はすごいです。
今までに無いタイプの主人公をバッチリ演じていらっしゃいます。
主人公が連続殺人に怯える序盤が一番ドキドキしました。
色々惜しいゲームだと思いますが興味のある方はどうぞ。

プレイ後の感想
とりあえず1週目クリアしました。クリア後の感想として

■良かった点
@主要キャラの声優陣がうまい。特に主人公の声優さんには鬼気迫るものがある。
@剣のデザインが格好いい。剣は3dで作成してるんだろうか?すごい細部まで作りこんである。
@キャラが個性的で魅力がある。絵柄はどっちかっていうと、あっさりした感じの万人向けなもの。女性にも好まれそう。
@OPとEDの歌がいい。歌っているのは、ひぐらしやデモンべインで有名な「いとうかなこ」さん。
@主人公のキャラクターが強烈。いい意味でも悪い意味でも。よくあるエロゲの主人公よりは共感がもてる部分が多かったし、個人的にはアリかなと思った。たまに口走る迷言に何回か吹いたw
@話が面白い。謎解き要素が多く先が気になる展開になっている。恋愛要素はあまり無い。(その分主人公の妄想でそれを補っている。)
■悪いところ
@主要キャラの声優と比べてモブの声優がひどい。音設定でotherをoffにしておくのを推奨。
@イベントCGが少ない。なんか重要なシーンでも立ち絵の使い回しであったりとか、CG無しでテキストのみとかが結構あった。1枚1枚がよく描かれているのでもったいないなと思った。
@グロいシーンが多い。特に後半はグロシーンの連続で正直しんどかった。。。(実際にCGで見せることはほとんど無い。あくまで文章内の表現。)
@ヒロインとの絡みが少ない。主に主人公視点で話が進んでいくので、そのヒロインに纏わるエピソードとかはあまり聞けない。(今度箱ででる「ノア」ではヒロイン攻略ルートみたいなのが追加されたみたいなので、そういうのを期待してるなら箱の方を買おう。)
てな感じです。
アニメを見てそれに影響されて原作の方も購入したんですが、結構面白かったです。グロに耐性があって、オタクに偏見が無いというなら女性の方でも楽しめる内容だと思います。

マインドorz
とにかく精神攻撃が強烈です(笑)グロ、その他耐性がないと多分きついです。
豪華な声優陣による熱演(特に主人公)や綺麗なグラフィック、文章、演出、豊富なネタ
などにより、ハンパないクオリティに仕上がっています。
またプレイヤーの心理に訴えかけるシーンが多い。ぐいっと惹きつけられます。
ただ勿体ないのはそれだけ素晴らしい舞台と役者が揃ってるのにどうにも物語が・・・。
主人公がヘタレで駄目な行動取るのは感情移入もできる点なのでいいんですが、いろいろな場面で「何でそうなったの?」の説明がないまま「妄想」という煙に巻かれてしまったところが多すぎるように感じました。
妄想トリガーは最終結果の分岐にしか影響しないので、2つ目のエンディングを見るのは
はっきり言って苦痛です。そもそも複線の張り方と回収の仕方がうまくないので、2周目をやっても「ああ、なるほど」とかいったカタルシスが得られない。
妄想トリガーの使い方次第で事件の色々な側面が見られるとか、妄想トリガーによって世界に影響を与えるとかやって欲しかった。(それでは選択肢とあまり変わりませんがw
スケールの大きな物語をほぼ1本に収束させようとしたのに無理が生じたのでは?
分岐がたくさんあれば色々できたように思います。カッコイイ武器の存在とか勿体ない。

2008年で1番よかった
いやー25日に公式サイト見て10分で注文して1日でクリアしました
感想をば
・シナリオ
序盤はもしかしたらダレる人もいるかもしれない。でも複線とか結構あるから自分は終始引き込まれてた。
・グラフィック
キャラグラは完璧。背景なんかも文句なし。
梨深の立ち絵がちょっと残念だったかも。
・BGM、SONG
神ですね、まじで。
EDのDesire Blue Skyは必聴です。神です。
全体的に文句のつけどころがあまりなかったかな。ちょっと専門用語あるけど、解説もちゃんとあるし気にならないとおもう。自分は専門用語はほぼ知ってたので気にならなかった。
とりあえず買うのきめたのが25日で注文してきたのが27だから下着パッチ間に合いませんでした;w;
でも七海が予想以上にかわいかったのでそんなものいらなかったとゆう罠(ぁ 12/26発売のコレクションカードも買いまふ。七海コンプしたいです。

最後にグロいのはそこまで過激じゃないので、あまり耐性なくても大丈夫だとおもわれます。
あとアドベンチャーではないのでヒロインルートなんかはありません。あくまでNVLですので。確かEDは4つだったかな。
2/26日にでるCHAOS;HEAD NOAHは個別ルートがあるアドベンチャーになってます。こっちもほしいです。しかし箱買う金なんかないよおおおおおお

ラストにぃぃぃぃぃぃぃ
七海LOVE!

【PR】開運グッズなんでも通販

« EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア | トップページ | リトルバスターズ! 通常版 »

PCゲーム全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/45060388

この記事へのトラックバック一覧です: CHAOS;HEAD:

» ほしがりエンプーサ portable [ほしがりエンプーサ portable]
「ほしがりエンプーサ portable」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

« EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア | トップページ | リトルバスターズ! 通常版 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31