« 天城大鷹【1】第9~11話UP | トップページ | カンパニー オブ ヒーローズ:テイルズ オブ ヴァラー »

2009/05/14

シムシティ4 デラックス

シムシティ4 デラックス

発売元:エレクトロニック・アーツ
発売日:2003-09-25
価格:¥ 5,410
おすすめ平均:

一生遊べる
買って数年たちますが未だに遊んでる現役ゲームです
むしろ発売当初のPC環境的に今が旬ですよ
ほんとに高スペックが必要です(買う人はよく調べておきましょう)
スペック足りないけどシムシティやりたいという人はグラフィックは劣りますがこっちより軽い3000のほうをお勧めします
グラフィック以外でのゲームの本質は変わっていませんので楽しめるかと思います

ゲーム内容は街を作るうえで問題を改善しながら人口を増やし街を発展させていくというゲームなのですが(べつに発展させなくても未開の地を作ったりプレイスタイルは自由でいいのですが・・)
箱庭ゲーの10本を挙げろといわれたらまずその一本でしょう
ほんとに一生遊べる内容です
墓の中に持っていくゲームの一本です

シムシティは歴史に刻まれるかもしれない・・・
このゲームは絶対に買った方がいいです!
今からその紹介をします。

このゲームの中心は当たり前ですけど、「都市開発」です。
しかし、「シヴィライゼーション」などの歴史的ではなく、現代時代だけの集中してできるゲームである。
しかも、前作の3000と比べても、リアルグラフィック、建物などの倍増と新「マイシムモード」などである。
後、なんと言っても「ドライビングモード」ができたことだ。
前の「4」と「デラックス」はまったく違うことはご存じだろうと思うが、「4」にはこのモードがない。
なので、消費者からの不評もあったが、「デラックス」になってから不評が激減した。
これは、やはり新しいモードがたくさん盛り込まれた事と、バグやエラーが少なくなった事ではないか。
そう、このゲームが新しい世代えと導いてくれたのかもしれない。
ゲームの中にも、今は開発中の「核融合発電所」や将来の「ハイテク工場」などがある。
まるで、夢があふれる「ドラえもん」みたいなゲームだ。
僕は、初代からすべてを遊んできたが、やはり「シムシティ4デラックス」が一番面白いと思う。
これは一生売らないことに初めて決めた、世界最高の都市シュミレーションだ。

久々、子供心を思い出しました
まだ若い頃、初代シムシティやA列車、トランスポートタイクーンに手を染めた私です。 かなり遅ればせながらではありますが、シムシティ4を昨年暮れに購入。 購入動機は、アドオンソフト的なフリーソフトがたくさんあって、完全オリジナルな街作りが可能と思われたこと。 購入者は、まずはこのソフトを楽しみ、さらにもう一つ上のクラスのフリーソフトでオリジナルなシムシティ4を楽しむことをお勧めします。

ただし、完全オリジナルということほど難しいものはないという覚悟も必要なので、その点を加味した上で購入を検討された方がよろしいかと。。。 つまり、一旦買えば、行くところまで行ってしまわなくては満足できないゲームだということ。

検討を祈る!

Windows Vistaでも使用可
このゲームを買って1年くらいたちますが、やっぱり面白い。区画を指定したら、建物を建てるシムたち。発展していく様子を見ていくもよし、さらにアレンジを加えるもよし。
発売して数年がたちましたが、色あせていないゲームだとおもいます。
ただ、数年前のゲームだからといってパソコンのスペックが低いと動作がかくつき、ストレスがたまります。
私のパソコンはOSがWindows Vista HomePremiumでCPUがCore2DuoE8500(3.16Ghz)でメモリが4GB(DDR2-800)、マザーボードP5QL-EMでグラフィックはオンボードです。現時点で最新のオンボードグラフィック(G43チップセット)でもマップ移動の際カクカクします。やはり、快適にゲームをやるためには、CPU、メモリはもちろんのこと、グラフィックボードが必要かと思われます。

追記
RadeonHD3850を購入しました。オンボードに比べたらはるかにサクサク動くようになりました。ローエンドのグラボでも十分サクサク動くと思います。

のんびりできる都市造り
デラックスは拡張版「ラッシュアワー」がついています。
購入時に勘違いしやすいようなので注意してください。

基本的なシステム(操作方法など)については3000など今までの作品とほぼ同じ。
ですが、病院や学校といった施設の重要度が上がったように思えます。

警察署や消防署から実際にトラブルのある地域に出て行くのもリアルっぽくなり見ていて面白です。

更に「ラッシュアワー」によってたくさんの交通システムが作ることが出来るため、
どんな風に地域をつないでいこうと考えられるようになりました。

住宅などの地域を設置しようとすると足らない部分に自動的に街路(道路の一種)を組み込むため、
前作をやっていると最初は微妙に操作しにくい感じを受けるかもしれません。

【PR】芸急グループ

« 天城大鷹【1】第9~11話UP | トップページ | カンパニー オブ ヒーローズ:テイルズ オブ ヴァラー »

PCゲーム全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/45003595

この記事へのトラックバック一覧です: シムシティ4 デラックス:

» A列車で行こうDS [A列車で行こうDS]
「A列車で行こうDS」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

« 天城大鷹【1】第9~11話UP | トップページ | カンパニー オブ ヒーローズ:テイルズ オブ ヴァラー »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31