« 水滸伝 天命の誓い | トップページ | Microsoft Age of Mythology GOLD EDITION »

2009/04/28

復刻版 天下統一

セレクション2000 第3弾 復刻版 天下統一

発売元:エレクトロニック・アーツ
発売日:2002-08-08
価格:
おすすめ平均:

デジタルだいっす
天下統一の古いバーション。
この頃、これがやりたいが為にだけPCを買ったもんです。
なによりCOMが手ごわい。
ちょっと気を抜くと滅びてしまう緊張感。
最近のゲームではなかなか味わえないですよね。
でもね流石に今やると古さは感じます。  

古いゲームですが・・・
このゲームは、光栄その他のゲームとはシステムが大きく異なります。ゲームの流れは、各季節を5つのフェーズに分け、1:更新(イベントなど発生)、2:軍備(兵士の雇用など)、3:内政、4:作戦(どこを攻める?)、5:合戦(作戦の実行) と区分されており、慣れてくると自分の順番で、何をしたらいいかと迷うことは無くなると思います。それにややこしい数値入力などもなく、在来のゲームに比べると非常にシンプルです。また、光栄のゲームに慣れた人だと、合戦がシンプルすぎて驚くかもしれません。部隊は、最大6部隊参加し、実際に戦うのは、このうち3部隊。それも、前進と後進と攻撃系のコマンドのみ。攻城戦は、包囲と強襲のみ。でも、この天下統一の魅力は、シンプルなのに奥が深いと言うことではないでしょうか。ゲームバランスが非常によいと思います。ゲームを始めて、しばらくすると、各地方で有力大名が出てきて、さらに時を経ると、西と東でプレーヤーとCOMが二手に分かれて決戦を挑むということになることも多いようです。全国がほぼ旧国にわけられ、各国に1名大名がいますので、どれか選んでプレーしますが、どの大名でも天下を伺えるというわけではなく、大名によっては数ターンで滅びてしまいます。初めての方ならば、良く名の知れた大名(最初に選択できる大名など)を選べば、まず順調に勢力を伸ばすことができるでしょう。
不満があるとすれば、1551年から始まりますが、なぜか、このとき数カ国を領有していた大名が、なぜか最大でも1カ国しか領有していないことです??(参考までに、これは、相克の果てで大きく改善されています)ゲームをする上では、あまり気にする必要はありませんが、これを真に受けると、日本史の試験の結果に影響します(笑) また、なぜか朝廷が大名を各国の守護に命じていたりと、??なところもありますが、全体的に見て、極めて良くできたゲームです。

« 水滸伝 天命の誓い | トップページ | Microsoft Age of Mythology GOLD EDITION »

PCゲーム全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/44801574

この記事へのトラックバック一覧です: 復刻版 天下統一:

« 水滸伝 天命の誓い | トップページ | Microsoft Age of Mythology GOLD EDITION »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31