« 大日本帝国【1】第13話UP | トップページ | 武士・天城大鷹【1】第1話UP »

2009/03/08

一気に大団円へ

1580年1月18日。内城攻略。

Tai002

Tai004

Tai005

おう。おまえは自害で十分。手打ちにするのも煩わしい。

Tai009

配下一覧表。主力は九州勢。なんだかな~

Tai010

3月からは山名攻め。

Tai800

Tai802

8月21日。ついに、長門・周防国の国主に。

Tai809

1581年1月16日。

播州の小寺氏も倒して、中国地方を平定。

で、地方統一エンディングに入るか…と思いきや、まったくそんな気配なし。どうやら、三村家の存在がネックになっているようだ。臣従では統一とはみなされないのかね。

仕方ないので、三村家に赴いて同家解体を要求。

三村元親、あっさり受諾して、ここにめでたく毛利家による中国地方統一の完成。

Tai1003

1583年に至っても、まだ存命中の元就公。87歳だぜ。

Tai1014_2

[いいえ]を選択して、エンディングへ。

その後、毛利元就は上洛を決行した…。

中国を統一し、全国一の実力を持つ毛利家に、あえて楯突く大名は存在しなかったのである。

毛利元就は諸国の大名に停戦 を要求…それに従う者も多く、小競り合いを除き、世はほぼ安定に向かった。

まだまだ乱世を統一するにはほど遠かったが、人々は元就に乱世を収める英雄としての期待を寄せた。

やがて元就とその部下たちは、この戦国に再び秩序を取り戻すため、理想に邁進し後継者に引き継いでいった…。

歴史は確実に、戦乱から平安の世へ移り変わろうとしていたのである。

その過程で毛利元就という英雄が現れ、大きな役割を果たしたこと…

Tai1023

ということで、これにて毛利家家臣・木下藤吉郎による立志伝は終わり。

新シリーズは、新ブログにて新武将を主人公として新連載とする予定ですhappy01

« 大日本帝国【1】第13話UP | トップページ | 武士・天城大鷹【1】第1話UP »

太閤立志伝5 木下藤吉郎2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/44220087

この記事へのトラックバック一覧です: 一気に大団円へ:

« 大日本帝国【1】第13話UP | トップページ | 武士・天城大鷹【1】第1話UP »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31