« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

蘭印攻略 その2

3月20日:第32歩兵軍団がケンダリで上陸を完了。
3月20日:第13歩兵軍団がロンボクで上陸を完了。
3月20日:第10歩兵軍団がメダンで上陸を完了。

ハーツオブアイアン

スマトラ島を占領。

パレンバンの原油をはじめ、相当量の資源が採掘可能。蘭印攻略終了後にはインドネシアとして独立させ、資源をたっぷり上納してもらおうと考えているのだが、ひとつ落とし穴が…。

インドネシアには初期の輸送船団が存在しないので、首都以外の島で産出する資源を船で運び出すことができないのだ。
これを解決するために、どこかのAARに書いてあったワザを使う。プレイ国をインドネシアにしてセーブデータを開き、生産画面で輸送船団を追加しておいてやる。その状態で再びセーブして、改めて日本でロードすればOK。

3月21日:第22歩兵軍団がフロレスで上陸を完了。
3月22日:第30歩兵軍団がスンバワで上陸を完了。
3月22日:第3軍司令部がマカッサルで上陸を完了。

セレベス島を占領。

アルファベットの“K”字型をした特徴的な形状の島である。環太平洋造山帯とアルプス・ヒマラヤ造山帯の合流点にある関係で、このような複雑な地形になったらしい。

3月24日:第32歩兵軍団がブルで上陸を完了。
3月24日:第23歩兵軍団(司令官・東条英機中将)がスンバで上陸を完了。
3月24日:第12歩兵軍団が西チモールで上陸を完了。

小スンダ列島占領。

3月26日:第22歩兵軍団がセラムで上陸を完了。
3月27日:第13歩兵軍団がソロンで上陸を完了。
3月27日:第31歩兵軍団がヘルマヘラで上陸を完了。

モルッカ諸島占領。“香料諸島”とも呼ばれ、古くは香辛料の産地として知られた島々。

3月28日:第32歩兵軍団がバボで上陸を完了。
3月29日:第12歩兵軍団がアガッツで上陸を完了。
3月29日:第23歩兵軍団がココナウで上陸を完了。
4月1日:第13歩兵軍団がアラレで上陸を完了。
4月2日:第31歩兵軍団がサルミで上陸を完了。
4月3日:第32歩兵軍団がビアク島で上陸を完了。
4月4日:第30歩兵軍団がメラウラーで上陸を完了。
4月6日:第23歩兵軍団がホランディアで上陸を完了。

オランダ領西ニューギニア占領。ただし、経済的な価値はないに等しい。

続きを読む "蘭印攻略 その2" »

2008/03/29

蘭印攻略 その1

さて、これからメナドを拠点にして蘭印(オランダ領東インド)攻略を進める。ただ、史実での蘭印攻略は資源争奪がおもな目的だったが、今回は違う。それが何なのかはいずれわかるときがくる。

3月1日:アメリカ合衆国は戦時体制への移行において“戦争の準備をしよう”を選択したとのことです。

いきなり背筋が寒くなるような知らせだが、これは、オランダへの宣戦布告によって日本の好戦性が40を超えたためだろう。米国内において、次のようなことが起きるらしい。

●徴兵軍にスライダーが1移動
●タカ派にスライダーが3移動
●シカゴ(620)に工場+3
●平和時補正-25%(?)
●人的資源+200

3月6日:第13歩兵軍団(司令官・酒井隆中将)がマドゥラで上陸を完了。

3月7日:ドイツで“ラインラント進駐”が発生。

定番の歴史イベント。もはや解説する必要はないでしょう。

3月7日:第32歩兵軍団がバンジェルマシンで上陸を完了。
3月7日:第31歩兵軍団(司令官・石原莞爾中将)がポンティアナクで上陸を完了。
3月7日:第22歩兵軍団(司令官・藤江恵輔中将)がスラバヤ(ジャワ島東部の中心都市。軍港もある)で上陸を完了。
3月7日:第30歩兵軍団(司令官・植田謙吉大将)がバンカ島で上陸を完了。
3月7日:第3軍司令部がセマラングで上陸を完了。

ハーツオブアイアン

続きを読む "蘭印攻略 その1" »

2008/03/27

開戦

1936年1月1日、国家元首「大本営」は年頭の辞において、満州国に対する宗主権の放棄と中国大陸からの全面撤退を発表、国内外を驚愕に陥れた(はず)。そして、驚愕のあとには怒りが爆発したことだろう。

まず陸軍。「日露戦争以降、大陸で血を流した十数万の英霊に申し訳が立たぬ」と激怒。

次に“弐キ参スケ”。満州国に強い影響力を有した軍・財・官の5人の実力者(東条英機・星野直樹・鮎川義介・岸信介・松岡洋右)を指す。彼らの名前から「弐キ参スケ」「2キ3スケ」などと呼ばれた。

東條英機あたりは、軍部高官として“次なる一手”の存在を承知の上で、黙していたかもしれないが、鮎川義介(日産コンツェルンの創始者)などは真っ赤になって関東軍司令部にどなり込んだことだろう。もっとも、数年後には関東軍との関係悪化から、日産グループの満州撤退を企図することになるが。

さらに、日本国籍のまま満蒙開拓団として満州に渡った移民たちの間にも衝撃が走る。彼らは満州国への国籍変更を余儀なくされた上で、放り出される形になるだろうし。

「我が意を得たり」を肯いたのは、満州放棄論を展開した東洋経済新報の石橋湛山ぐらい。

それら国内外の不満が極限にまで高まった結果、これが起きる。

ハーツオブアイアン

続きを読む "開戦" »

2008/03/25

新シリーズ開始

さて、前回もふれたように、このたびの戦いの目的は「世界平和」である。「戦争」をテーマとするゲームにおいて「平和」を求めるのは矛盾だという指摘は実に正しいんだけども、やはり戦争には大義名分というものが必要だと思う。

ハーツ オブ アイアンII アンソロジー 完全日本語版
ハーツ オブ アイアンII アンソロジー 完全日本語版
サイバーフロント 2007-09-28
売り上げランキング : 937

おすすめ平均 star
starアメリカ強い
starParadoxゲーム四部作の最終ステージ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ただ、あまりにも漠然としているので、ここでいう「世界平和」をむりやり定義づけてしまうと、「現実に起こった、あるいは起こりつつある悲劇を未然に防いだ状態」を指す。

これでも、まだよくわからんねぇ。

要するに、広島・長崎への原爆投下とかアウ○ュビッツとか文化○革命とかベ○ナム戦争とかパレ○チナ問題とかチェ○ェン紛争とか、その他もろもろの歴史上の悲劇とされるできごとが、このゲーム世界でなるべく起こらない(だろうと自分で思う状況になる)ようにするわけ。

そんなことできるのかと問われると、できると断言する。何といっても、この世界でのできごとは、プレイヤーの胸先三寸でどのようにでも捏造・歪曲が可能だから。

ただ、そう言ってしまってはミもフタもないので、何とか理屈をこじつけるとすると、史実における事件の多くについて、いわゆる“大国”あるいは“超大国”と呼ばれる一部の国家の身勝手な振る舞いがその原因となってきたことを鑑み、この世界では“大国”あるいは“超大国”と呼ばれる国々を成立させないようにする。すでに成立してしまっている国家については、潰す

そうすることによって、別の悲劇が発生するかもしれないが、現時点ではどうなるかわからないし、仮に起きてしまったとしてもそこまで責任は持てない。

続きを読む "新シリーズ開始" »

2008/03/23

とりあえず戦争終結

8月17日:第33歩兵軍団がジェラルドトンに進駐。
8月18日:第32歩兵軍団がウィンダムに進駐。
8月20日:第4海兵隊軍団がニュープリマスで上陸を完了。

8月23日:フィンランドは寝返るにおいて “ドイツを見限り、ソ連とともに戦う” を選択したとのことです。
8月23日:ソ連は新たな同盟国 ― フィンランドにおいて “この協定を受諾し、衛星国とする” を選択したとのことです。
8月23日:ソ連がフィンランドを属国化。
8月23日:フィンランドはソ連, モンゴル と タンヌ・トゥヴァの側に立ってドイツ, スロヴァキア, イタリア, ハンガリー, ルーマニア, ブルガリア と クロアチアに宣戦を布告。

ラップランド戦争の始まり。

8月26日。ついに、オーストラリアの首都キャンベラに迫る。

ハーツオブアイアン

8月28日:第4海兵隊軍団がクライストチャーチで上陸を完了。

8月28日:我が軍の艦隊がホーク湾で敵艦隊と交戦。
8月29日:我が国がホーク湾における海戦でイギリスに勝利。撃沈された船は次のとおり。
イギリス - 第40駆逐隊(駆逐)、 第33駆逐隊(駆逐)"

ハーツオブアイアン

8月30日:第12歩兵軍団がネーピアに進駐。

9月2日:我が軍の艦隊がバス海峡東部で敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

9月3日:我が国がバス海峡東部における海戦でオーストラリアに勝利。撃沈された船は次のとおり。
ニュージーランド - 第1駆逐隊(駆逐)"

続きを読む "とりあえず戦争終結" »

2008/03/21

インド独立

7月11日:第1騎兵軍団がミッチェルに進駐。
7月11日:第2騎兵軍団がブリズベンに進駐。

7月11日:スウェーデンはエンゲルブレヒト輸送において “輸送を許可する” を選択したとのことです。

ドイツは、ノルウェー侵攻に際して中立国スウェーデンに圧力をかけ、ドイツ軍の領内通行と補給物資の輸送を認めさせた。これが「エンゲルブレヒト輸送」と呼ばれている。この世界でも史実と同様の推移をたどったようだ。

7月14日:我が軍の艦隊がスロットで敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

7月15日:我が国がスロットにおける海戦でニュージーランドに勝利。撃沈された船は次のとおり。
ニュージーランド - 第8駆逐隊(駆逐)"

7月16日:第2騎兵軍団がコフスハーバーに進駐。
7月17日:第2山岳兵軍団がオーエンスタンリー山脈に進駐。

これでニューギニア島の攻略は終了。戦略的な価値はあまりないけど。

7月20日:第4海兵隊軍団がガダルカナルで上陸を完了。

恨みのガ島、攻略に成功。

7月21日:第5海兵隊軍団がカーナーヴォンで上陸を完了。

オーストラリア大陸西岸でも占領地域を拡大中。

7月22日:第1騎兵軍団がキルピーに進駐。
7月27日:第30歩兵軍団がケアンズに進駐。
7月28日:第2騎兵軍団がウェントワースに進駐。
7月29日:第1海兵隊軍団がオークランドで上陸を完了。

オーストラリア攻略と並行してニュージーランドに対する攻撃を開始。

続きを読む "インド独立" »

2008/03/19

バルバロッサ作戦 発動!

6月11日:第2山岳兵軍団がビズマーク山脈に進駐。

6月13日:我が軍がアイタペにおいてオーストラリア軍を破った。

ハーツオブアイアン

6月14日:第6海兵隊軍団がアイタペで上陸を完了。

6月17日:我が軍の艦隊がアラビア海盆西部で敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

ロイヤル・ネイビー、けっこう鬱陶しい。早いとこスエズを押さえてしまいたいのだが、オセアニアの戦いが一区切りつかんことには…ねぇ。

6月17日:第4海兵隊軍団がウエワクで上陸を完了。
6月18日:第3軍司令部がボロルーラに進駐。
6月19日:第1海兵隊軍団がミルネ湾で上陸を完了。
6月22日:第3山岳兵軍団がノーマントンに進駐。
6月22日:第2騎兵軍団がヒューエンデンに進駐。
6月24日:第1海兵隊軍団がブナで上陸を完了。
6月28日:第2騎兵軍団がタウンズヴィルに進駐。
6月28日:第1海兵隊軍団がラエで上陸を完了。
6月28日:第31歩兵軍団がボロルーラに進駐。

7月2日:我が軍の艦隊がセントジョージ海峡で敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

重巡2隻撃沈!逃げてばっかりのAI海軍にしては、わりと大きな戦果をあげさせてくれた。

7月5日:第2騎兵軍団がロックハンプトンに進駐。
7月6日:第1騎兵軍団がブラックオールに進駐。

7月7日:ペルーはエクアドルとの戦争において “領土割譲を求める” を選択したとのことです。
7月7日:エクアドルはペルーとの戦争において “彼らの要求に屈するしかない” を選択したとのことです。

これも一応、史実どおり。

7月7日:第5輸送艦隊がニューアイルランドに進駐。

7月8日。

ハーツオブアイアン

続きを読む "バルバロッサ作戦 発動!" »

2008/03/17

究極の独裁国家 誕生

5月11日:第1海兵隊軍団がダーウィンで上陸を完了。

ハーツオブアイアン

記念すべきオーストラリアへの第一歩である。ダーウィンの市民にとっては、記念もクソもないだろうけど…。

5月13日:第5海兵隊軍団がメラウラーで上陸を完了。

5月15日:我が軍の艦隊がバンダ海南部で敵艦隊と交戦。

オーストラリア&ニュージーランドの混成艦隊である。で、結果はもちろん…

ハーツオブアイアン

5月16日:セイロンの人々が日本からの独立を宣言。
5月16日:日本がセイロンを属国化。

ということで、セイロン島を独立させた。国名はそのまま「セイロン」。現在のスリランカである。1972年までは実際にセイロンという国名だったらしい。

そんなことより、この国の閣僚をご覧いただこう。

ハーツオブアイアン

国家元首や政府首班はもちろん、各大臣や軍司令官に至るまで、すべての役職を 「ブラック・シャドウ」 なる人物が兼任、つーか独占。

まさに、究極のスーパー独裁国家誕生である。

続きを読む "究極の独裁国家 誕生" »

2008/03/12

オーストラリアへ

4月13日:第6海兵隊軍団がスンバで上陸を完了。
4月13日:第1海兵隊軍団が西チモールで上陸を完了。

一歩一歩東に、ニューギニアに近づいている。

4月14日:我が軍の艦隊がダーウィンで敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

4月18日:第4海兵隊軍団がブルで上陸を完了。
4月21日:第3海兵隊軍団がセラムで上陸を完了。
4月24日:第5海兵隊軍団がヘルマヘラで上陸を完了。
4月26日:第3海兵隊軍団がバボで上陸を完了。
4月26日:第1海兵隊軍団がソロンで上陸を完了。

4月27日:我が軍の艦隊がセレベス海東部で敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

4月30日:第6海兵隊軍団がビアク島で上陸を完了。
5月1日:第1海兵隊軍団がアラレで上陸を完了。
5月3日:第3海兵隊軍団がサルミで上陸を完了。

5月5日:我が軍の艦隊がフンボルト湾で敵艦隊と交戦。

ハーツオブアイアン

続きを読む "オーストラリアへ" »

2008/03/11

寄り道して対米戦

週末の更新が滞っておりました(^_^;)

実は、米帝を叩き潰す戦いをどうしてもプレイしたくなり、大東亜解放をそっちのけにして「蘭印攻略→クラサオ(キュラソー)島獲得→対米戦」を展開していたもので…

おかげで、このとおり(↓)

ハーツオブアイアン

丸1年かけて米本土の完全制圧に成功

プレイレポートは、また後日掲載するとして…

次回は本筋に戻って、「大東亜解放への道」の続きです。つっても「大東亜解放」はすでに終了しているわけで、これからは対豪州&対ニュージーランド戦に突入していきます。

2008/03/06

広浜の繁華街

唐突だけど、広浜市の繁華街・MCS(ミッドシティスクエア)界隈の風景です。

1

石○電機・La○X・オ○デンと続いて、ちょっとしたアキバの雰囲気。なぜかダイエーの看板も見えます。

2

角度を変えると、○宿アルタやコミックと○のあなも。

3

画面左の掘割は芸急広浜市内線と三軒端駅。以前にも書いたけど、MCSとは地下で直結しています。

MCSの北側(上)に見えるのは「Music Studio Helloween」。施工主・211さんの解説によると「ロック・メタルのアーティスト達が集うスタジオで、最上階は『Eagle Fly Free View』と呼ばれる豪華なスイート」になっているそうです。

隣接して、通信カラオケで有名な「JOYSOUND」のビルも立地していますが、この世界ではレコード会社ということにでもしときましょうか。

MCSにもライブハウスなんかありそうだし、この界隈、「広浜ロック村」とでも名づけたいところです。

【使用BAT】
Y.Hさん「石丸電気1号店&LaOX」「オノデン」
asamaさん「第七丸之江ビル」
三暗刻さん「雑居ビルセット」
交通管制官課長さん「コミックと○のあな」
211さん「Music Studio Helloween」「半地下構造の地下鉄」
その他の方々(ダウンロード元を思い出したり見つけたりしたら、追加します)

2008/03/05

大東亜解放戦争(勝手に)終結

3月14日:ブルガリアがドイツ, スロヴァキア, イタリア, ハンガリー と ルーマニアと軍事同盟を締結。

結局、ブルガリアも枢軸陣営入り。

陸海軍に先立って蘭印に戻ってきた空軍。さっそくオランダ政府の臨時首都がおかれたマカッサルを空爆。

ハーツオブアイアン

3月17日:第1騎兵軍団がムルタンに進駐。
3月18日:第2騎兵軍団がペシャワルに進駐。

これで、パキスタンを含む全インドの攻略を完了。ここに大東亜解放戦争の終結を勝手に宣言する。

ハーツオブアイアン

時機を見てインドとパキスタンは独立させるつもり。

3月18日:我が軍の艦隊がソマリ海盆東部で敵艦隊と交戦。
3月18日:我が軍の航空部隊がソマリ海盆東部にて敵艦隊を発見、空爆を開始。
3月18日:我が国がソマリ海盆東部における海戦でイギリスに勝利。撃沈された船は次のとおり。イギリス - 第31駆逐隊(駆逐)"

3月24日:第1海兵隊軍団がメナドに上陸。

ハーツオブアイアン

海軍基地・航空基地があり、セレベス島の要衝。ここも密林だらけなので、陸路よりも強襲上陸の繰り返して占領したほうが早い。

続きを読む "大東亜解放戦争(勝手に)終結" »

2008/03/03

ビルマ独立

2月12日:第1騎兵軍団がスラトに進駐。
2月13日:第5海兵隊軍団がラージコットで上陸を完了。
2月14日:第4山岳兵軍団がカトマンドゥに進駐。
2月21日:第32対空砲軍団がアーマダーバードで上陸を完了。
2月21日:第3・第4・第5海兵隊軍団がハイデラバードで上陸を完了。
2月23日:第2騎兵軍団がメーラトに進駐。
2月23日:第21歩兵軍団がカーンプルに進駐。
2月25日:第10歩兵軍団がジャイプールに進駐。

インド攻略は急ピッチで進行中。デリー占領ですでにヤマ場を越え、終盤に差しかかっている。

2月26日:第2・第3山岳兵軍団がインドールに進駐。

2月27日:呉海軍工廠が「発展型駆逐艦」を開発。

綾波級駆逐艦が建造可能になった…のだが、綾波って史実では「特Ⅱ型」で1930年に就役している。この世界では、防空駆逐艦として有名な秋月級(1番艦は1942年に就役)の後に開発可能となるわけで、グレードが完全に逆転していますな。

2月29日:第1山岳兵軍団がスリナガルに進駐。
2月29日:第1騎兵軍団がジョードプルに進駐。

ハーツオブアイアン

フランスから独立したばかりのシリアを、イギリスが支配下に。英国植民地支配の象徴・インドを日本に蚕食されているため、こんなところでセコく領土拡張を図っているらしい。
大量にパルチザンが潜伏しているはずなので、資金援助して武力蜂起でも起こしてもらうか。

続きを読む "ビルマ独立" »

2008/03/01

首都デリー占領

1月28日:第11工兵軍団がハイデラバードに進駐。
1月28日:第11歩兵軍団がナーグプルに進駐。
1月30日:第31対空砲軍団がマンガロールに進駐。

山岳地帯に迷い込んだイギリス機甲部隊に空爆をお見舞い。

ハーツオブアイアン

敵司令官のゴット中将も、ミスター・ボイルと同様に連戦連敗のようで…。

2月4日、英領インド帝国の首都デリーを占領。インド攻略も峠を越えた感がある。

ハーツオブアイアン

2月5日:日本が南アフリカとの和平を受諾。条件は:元の状態への復帰

イギリス植民地支配の要である3C(カルカッタ・ケープタウン・カイロ)の一角・カルカッタをすでに奪取しているので、南アとの単独講和によって3Cのうち、2箇所がイギリスの手から離れたことに…なるのかね。

2月6日:第11工兵軍団がボンベイに進駐。

続きを読む "首都デリー占領" »

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31