« 右翼クーデター勃発 | トップページ | 首都デリー占領 »

2008/02/28

無勝の魔術師・オーリー元帥

1941年。

1月3日:イラクはハバニヤ事件において“新政権を受け入れる”を選択したとのことです。
1月3日:イラクはイギリスに与えていた軍の通行許可を破棄。
1月3日:イラクがイギリス, フランス, オーストラリア, ニュージーランド, カナダ, ネパール, ブータン, イエメン, オマーン, ベルギー, オランダ と ギリシアとの軍事同盟から脱退。
1月3日:ドイツがイラクとの和平を受諾。条件は:元の状態への復帰。

ハバニヤ事件? 何でしょうな。ググっても出てきません。
いずれにしても、イラクが連合国と絶縁したということは間違いなさそう。

さらに…

1月3日:シリアがドイツ, スロヴァキア, イタリア, ハンガリー と ルーマニアと軍事同盟を締結。
1月3日:シリアで“ドイツからの支援”が発生。

ハーツオブアイアン

シリアが枢軸国入り。今次戦いでは、日本は枢軸国じゃないので直接どうのこうのいう話じゃないが、敵の敵が増えるのはいいことだ。

年末に断念したセイロン島攻略。敵の守備兵力が1個師団に減ったのを確認したところで、リベンジを開始。まずは空爆から。

ハーツオブアイアン

インド半島のほうは順調に攻略が進んでいる。配備されている英軍が異常に少ないため。それにしても、手応えなさ過ぎ。

1月8日、敵の機甲部隊を発見。おー、戦車じゃ戦車じゃ。

ハーツオブアイアン

1月9日:第31歩兵軍団がバンガロールに到着。
1月11日:第13歩兵軍団がダルバンガーに到着。

1月15日、トリンコマリーでの上陸作戦成功。セイロン島制圧に向けて、コロンボ攻略は陸海同時攻撃で行うことにする。

ハーツオブアイアン

トリンコマリーでの上陸作戦からちょうど1週間。第3・第4海兵隊軍団がコロンボに上陸。これでセイロン島を完全占領。ここもいずれ近いうちに独立させる。

1月22日:第12歩兵軍団がジャバルプールに到着。
1月24日:第1海兵隊軍団がコラープルに到着。

1941年 1月 26日 9:00 : 我が軍の艦隊がボンベイで敵艦隊と交戦。また出た、ボイル・オブ・コーク・アンド・オーリー元帥。

ハーツオブアイアン

昨年6月2日のテムズ川河口海戦でドイツ艦隊に勝利したものの、同年12月のカタック沖海戦で日本軍に大敗して以降は負けっ放し。
テムズ川河口海戦も、イギリス軍の損害は重巡1隻、ドイツ側は軽巡1隻ということで、どう見てもイギリスの勝利とは言えないんじゃないか。
余計なお世話だが、この元帥閣下、早いとこ更迭したほうがいいと思う。

« 右翼クーデター勃発 | トップページ | 首都デリー占領 »

HOI 2 大東亜解放への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/40230542

この記事へのトラックバック一覧です: 無勝の魔術師・オーリー元帥:

« 右翼クーデター勃発 | トップページ | 首都デリー占領 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31