« 戦国史-大逆転 Vol 63 | トップページ | 大東亜解放への道 Vol.1 »

2007/12/20

戦国史-大逆転 最終回

【1593年01月】
武蔵・権現山城を攻略。これにより、ついに北条氏は滅亡。ここまでくると、武田教の狂信者やな。

【1593年02月】
武蔵・稲付城、相模・玉縄城を攻略。

【1593年03月】
鳴海晃広軍団は南出羽にまで進出。大宝寺城を攻略。武蔵・江戸城と御嶽城を攻略。

【1593年05月】
武蔵・岩槻城を攻略。

【1593年07月】
武田家当主・武田家郎党(なんだそりゃ?)の使者が、相模・権現山城の鳴海隆弘のもとを訪れ、降伏の意を伝えた。
鳴海隆弘、武田氏を従属させることで申し出を承諾。
これで、安房の勝浦正木氏を除いてはすべて鳴海氏に従属することとなった。

戦国史

急転直下、天下統一まであとわずか。

【1593年08月】
武田氏が臣従。

【1593年09月】
唯一の反対勢力・勝浦正木氏の居城・山之城を、鳴海氏に臣従した里見家郎党が包囲・強襲。ついに勝浦正木氏は白旗を掲げるに至った。

そして…

戦国史

一部データが消失したこともあり、終盤は「…城を攻略」の連続で、かなり端折った記述になってしまいました(^_^;)

全体的な感想ですが、今回のプレイ、多少まったりし過ぎたのか、1570年代以降は外交面での動きが少なかったように感じます。大友も島津もなかなか従属→臣従してくれなかったり、六角・織田・北条といったところが頑として武田から離反せず、滅亡するまで戦ったり…。
ある程度、武田を追い込めば、同家の臣従・従属大名が地滑り的に離脱するだろうとふんでいたんですが、そういった戦国ならではの合従連衡を目の当たりにできなかったのは、少し残念。
そもそも、武田がやや強過ぎるのが問題なのかもしれません。

次回(時期不明)は、どこぞの大名に臣従して、いいようにコキ使われる状況から身を起こす 「下克上」 プレイに取り組んでみようかと考えています。
戦国から離れたシナリオ(現代 「極道」 モノ)もいずれ作ってみたいんですが、さあ、いつのことになるのやら…

※なお、メインサイトの「大逆転!戦国史」にリライト版を随時掲載していく予定です。

« 戦国史-大逆転 Vol 63 | トップページ | 大東亜解放への道 Vol.1 »

戦国史-大逆転」カテゴリの記事

コメント

いやはや、鳴海家お疲れ様でした。
小国が天下を統一するという興隆史。面白かったです。
「大逆転!戦国史」の方での更新もワクワクしています。

蛛賢さん、どうも(^o^)ゞ

長期間にわたってお付き合いくださり、ありがとうございます♪
終盤は「~城を攻略」の連続で、我ながら不本意なんですが…

リライト版のほうも頑張って加筆していきますので、よろしく
(^o^)ゞ

蛛賢さん作「ディテイルメーカー」を使って、シナリオの作成にもチャレンジしたいんですが、なかなか…(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/17372896

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国史-大逆転 最終回:

« 戦国史-大逆転 Vol 63 | トップページ | 大東亜解放への道 Vol.1 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31