« 戦国史-大逆転 Vol 47 | トップページ | 呉崎駅 »

2007/11/05

戦国史-大逆転 Vol 48

【1578年05月】
5ヵ月越しで城規模10の石山城を攻略。
はるばる蝦夷から参戦していた蠣崎舜広・正広兄弟を捕虜に。史実では、舜広(としひろ)はとっくの昔に毒殺されているはずなのだが、ここでは健在。能力としては兄弟ともに凡庸である。

【1578年06月】
山内氏勝・宇野政頼を登用。

先月の石山城に続き、ついにを掌中に。

157806izumi

当時の堺の人口は推定6~8万人。15世紀後半から遣明船の母港として飛躍的な発展をとげ、戦国末期には南蛮貿易や東南アジア貿易で日本最大の貿易港として繁栄を謳歌した。しかし、織田信長・豊臣秀吉の登場によって、戦乱の渦に巻き込まれていくことになる…のだが、このゲームの中では、堺はどのような推移をたどったんだったっけ。?
ちょっとおさらい。

1550年4月~1570年12月:三好氏支配下
1571年1月~10月:河内畠山氏支配下
1571年11月~1578年5月:武田氏支配下
1578年6月~:鳴海氏支配下

1570年12月からの1年間で三好氏→河内畠山氏→武田氏と、支配者が2回も変わっている。そのつど町の周辺では大規模な戦闘が行われたであろうから、堺を拠点にする商人たちはたまったもんじゃないわね。
現在でもまだ戦乱の痛手から完全には立ち直っていないだろうが、当鳴海家の支配下において強力に復興を押し進めるつもり。天下を統一したあかつきには、大坂に遷都したいと考えているもので。

【1578年08月】
六郷道行・山名豊数を登用。

【1578年10月】
安東愛季(あんどう ちかすえ。出羽国の大名)を登用。

【1578年11月】
長沼盛秀を登用。

摂津・伊丹城、和泉・岸和田城を攻略。畿内攻略も波に乗ってきた感じ。

【1578年12月】
三好家の元当主・三好義賢が伊予・法華津城で病没。
今にして思えば、三好義賢が四国を席巻していた時期が、三好家の最盛期だったようですな。現当主の嫡男・長治も無能ではないが、昔日の面影ここになし。

河内・高屋城攻略。

« 戦国史-大逆転 Vol 47 | トップページ | 呉崎駅 »

戦国史-大逆転」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております!
堺に遷都ですか!博多あたりが天下の台所と呼ばれる時代になるのでしょうか(笑)

ところで申し上げにくいのですが、
そろそろ同盟タグが見えなくなって参りましたので、
どこか右か左かのサイドにどのタイプでも宜しいので設置して頂けると嬉しい限りです。

これは失礼しました!
デザインをあれこれいじくっている間に、表示項目に抜けが発生していました(^_^;)
さっそく復活させましたので、今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/16987851

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国史-大逆転 Vol 48:

« 戦国史-大逆転 Vol 47 | トップページ | 呉崎駅 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31