« 開発断念! | トップページ | 戦国史同盟に加盟 »

2007/09/30

戦国史-大逆転 Vol 38

【1573年07月】
はるばる九州から備前・砥石山城に到着した鳴海軍の主力。英賀城を経由して播磨・魚住城に殺到。一気にこれを攻略した。さあ、本格的に武田軍と対峙するど。

Sen_157307harima

【1573年08月】
元大友家の家臣で肥後・南関城にあった吉岡長増が病没。ほぼ史実どおりです。

鳴海秀広率いる別動隊が播磨・置塩城を攻略。

ところで、一応九州を平定した形にはなっているものの、実際のところ鳴海氏に臣従しているのは、肥後・御船城の甲斐氏(当主・甲斐親直)と日向・加久藤城の北原氏(当主・北原兼守)だけ。こないだまで死闘を演じた大友氏や、その大友氏から離れて独立大名に復帰した島津氏(当主・島津義久)といった大物は、それぞれ従属と不戦同盟締結という関係で、このままでは今後の対武田戦に戦力として投入できん。

臣従要求してもツレない返事だし(×_×;)

ここは周囲の弱小大名を臣従させて、締め付けを強化するしかないか…。
さっそく、隈本城の城氏との不戦同盟を破棄し、強引に臣従させるべく恫喝を加えることにしよう。

【1573年09月】
姫路城を攻略。白鷺城(はくろじょう)とも呼ばれ、日本における近世城郭の代表的な遺構だが、現在の姿になったのは1610(慶長14)年頃のこと。まだ、40年近くも先である(何だか表現がヘンだが気にしない)。

【1573年10月】
立花道雪率いる2万6千の軍に包囲され、城親冬が音を上げた。めでたく臣従。次は誰にしようかね~。

播磨・長水山城攻略。

【1573年12月】
相良氏(当主・相良義陽)との不戦同盟を破棄。砲艦外交第2弾です。

播磨・御着城、因幡・鳥取城攻略。

【1574年01月】
播磨・三木城、因幡・桐山城攻略。

【1574年02月】
蒲池鑑広、魚住城にて(史実よりも6年早く)病没。合掌。

« 開発断念! | トップページ | 戦国史同盟に加盟 »

戦国史-大逆転」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/16619562

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国史-大逆転 Vol 38:

« 開発断念! | トップページ | 戦国史同盟に加盟 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31