« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

戦国史同盟に加盟

しました♪

戦国史同盟・歴史戦略SLG「戦国史」のポータルサイト 戦国史同盟・歴史戦略SLG「戦国史」のポータルサイト 加盟サイト一覧 新規加盟 次のサイト(加盟番号順) 前のサイト(加盟番号順) 次のサイト5つ表示(加盟番号順) 前のサイト5つ表示(加盟番号順) 加盟サイトランダムジャンプ 戦国史同盟ウェブリングトップページ

今後ともどうかよろしく(^o^)ゞ

戦国史-大逆転 Vol 38

【1573年07月】
はるばる九州から備前・砥石山城に到着した鳴海軍の主力。英賀城を経由して播磨・魚住城に殺到。一気にこれを攻略した。さあ、本格的に武田軍と対峙するど。

Sen_157307harima

続きを読む "戦国史-大逆転 Vol 38" »

2007/09/29

開発断念!

このカテゴリに記事をUPするのは実に4ヶ月ぶり(^_^;)
細々と続けてはいたんですが、ヤバい事態に。

SIMCITY4のマップには大・中・小の3種類がありまして、これまで開発に取り組んできた「呉市」は大マップを使っていたわけなんですが…

人口が5万を突破したあたりから、やたらと動作が重くなり、10万に近づいた最近ではスクロールのたびに10秒近いだんまり~が発生する始末(ー_ー#)

PCパワーの限界です♪

ということで、潔く(?)開発を断念。

これを機に、現実のワクにとらわれない自由な開発を目指そうと考え、架空の土地を中マップの寄せ集めで開発することにしました。

ただ「架空の地で仕切り直し」とはいえ、モデルになるのは広島県南西部(=芸南)、しかも諸々の事情から「芸南」の2文字と訣別することができんので、随所に余韻を引きずることにはなるでしょうけど…

デザイン変更

思い立ってデザイン(テンプレート)を変更しました。

以前の背景色(青系)が寒々と感じられる季節に向かっているので…

2007/09/25

戦国史-大逆転 Vol 37

【1573年01月】
島津氏・相良氏が大友家から独立。鳴海氏とは不戦同盟を締結。
日向・清武城、肥後・鷹峯城攻略。

【1573年02月】
豊州島津氏も大友家を見限った。

【1573年03月】
ついに大友氏が鳴海氏の軍門に下った。大友家当主・斎藤鎮実(四国から脱出していつの間にか当主の座に収まっていたらしい)の使者が、豊後・岡城の鳴海基広のもとを訪れ、従属の意を伝えた。鳴海基広はこれを承諾し、大友家元当主の大友義鎮以下10名の捕虜を解放。大友義鎮は大友家当主に復帰。38万石の九州の一大名として、鳴海家の傘下で再起を図ります。

157303

続きを読む "戦国史-大逆転 Vol 37" »

2007/09/17

戦国史-大逆転 Vol 36

【1571年11月】
筑後・吉見嶽城攻略。

【1571年12月】
筑後・山下城攻略。

【1572年01月】
筑後・鷹尾城攻略。

【1572年02月】
ついに肥後進出。南関城攻略。

【1572年03月】
肥後・永野城攻略。超ハイペースでの進撃が続く。

【1572年05月】
肥前・佐嘉城攻略。

続きを読む "戦国史-大逆転 Vol 36" »

戦国史-大逆転 Vol 35

【1570年10月】
鳴海家当主・基広の嫡男・隆広のそのまた嫡男・晃広が、呉崎城で元服。

【1570年11月】
戸次軍団が五島列島の江川城を攻略。降伏した五島純玄を登用。
尼子軍団が美作・神楽尾城を攻略。
吉川軍団が播磨・英賀城を攻略。
捕虜の秋月種実を登用。

【1570年12月】
土佐中村城を攻略。降伏武将・城井房統を捕虜に。
吉川軍団が備前・金川城を攻略。破竹の勢いである。

【1571年01月】
土佐・久礼城を攻略。

続きを読む "戦国史-大逆転 Vol 35" »

2007/09/08

戦国史-大逆転 Vol 34

【1570年01月】

肥前・三瀬城を攻略。
浦上軍団が伯耆・八橋城を攻略。

【1570年02月】

捕虜の神代勝利・長良父子を登用。かなり勇猛果敢な武将らしいので、今後の活躍が期待される。

壱岐・亀丘城攻略。
尼子軍団が美作・岩屋城を攻略。

【1570年03月】

土佐・本山城城主の本山氏(当主・本山内記)が臣従志願。承諾。

毛利軍団が備前・砥石山城を攻略。

続きを読む "戦国史-大逆転 Vol 34" »

2007/09/02

戦国史-大逆転 Vol 33

【1569年07月】

毛利家所有の備中・松山城を攻撃していた備前浦上家当主の浦上宗景が、鳴海氏に従属志願してきた。
備前浦上軍によって、松山城のほか、出雲・美保関(尼子家所有)も陥落直前まで追い詰められていたので、ラッキーといえばラッキーなのだが、鳴海家の傘下に入らなければならんような差し迫った理由はないよな~。
鳴海基広、首を傾げながらも承諾。

【1569年08月】

備前浦上氏を臣従させた。

【1569年09月】

捕虜の一万田鑑相を登用。

讃岐・聖通寺城の城主・奈良氏が臣従志願。受諾。

続きを読む "戦国史-大逆転 Vol 33" »

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31