« 戦国史-大逆転 Vol 7 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 9 »

2007/07/07

戦国史-大逆転 Vol 8

【1554年10月】

陶氏が吉見氏を従属させた。
吉見正頼は清廉な人柄で、大内義隆や毛利元就から厚く信任を受けていたという。ここはお家存続のためにやむなく陶の軍門に下ったということか。

【1554年11月】

陶氏は吉見氏を臣従させ、さらに豊前杉氏との不戦同盟を破棄。西に矛先を向けた様子。では、こちらは余裕綽々と四国制圧に邁進するべ。

湯築城攻略。城にたてこもっていた河野通宣・通直父子、大野直正、平岡房実、曾根高昌をすべて捕虜にした。
これで、瀬戸内海西部の交易拠点の大半を制圧したことになる。財政状況もだいぶ改善されてきたし、言うことなし。

155412

【1555年01月】

開始から約5年。ここで全国に視野を向けてみる。

石高の順位は、

1位:大友氏 141万石
2位:武田氏 111万石
3位:北条氏 93万石
4位:三好氏 91万石
5位:河内畠山氏 85万石

といったところ。ちなみに、織田氏は9位、毛利氏は12位となっている。
実際、大友氏の勢力伸張は著しい。日向国を除いて九州全土に版図を広げており、四国にも進出中。あまり好ましくない情勢だ。

155501_1


【1555年01月】

陶氏が尼子氏との不戦同盟を破棄。門司城が大内氏(陶氏とは不戦同盟締結)の手に落ちてしまったため、九州への進撃路を閉ざされた格好になったようだ。当面、山陽路がキナ臭くなることは避けてもらいたいので、これは良い傾向。

河野氏最後の城・曾根城攻略を開始。

毛利氏は鞆城攻略に成功。

« 戦国史-大逆転 Vol 7 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 9 »

戦国史-大逆転」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/15638499

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国史-大逆転 Vol 8:

« 戦国史-大逆転 Vol 7 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 9 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31