« 戦国史-大逆転 Vol 13 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 15 »

2007/07/14

戦国史-大逆転 Vol 14

【1557年09月】

何と、毛利氏と大友氏が不戦同盟締結。この展開はまったくの想定外。いいような悪いような…。
この結果、鳴海領を囲む大名たちとはすべて不戦同盟締結状態に。しばし平和の到来。この機会に領国経営に努めよう。

155709

毛利氏は豊前杉氏を臣従。

【1557年10月】

身辺が一時的に落ち着いたところで、全国を見渡してみよう。

155710

織田氏がいまひとつ伸びていない。

【1557年11月】

駿河国の東半分では、今川氏と北条氏が泥沼の抗争中。その最中、今川氏の嫡男・今川氏真が北条氏の捕虜になった。こりゃ今川氏、桶狭間までもたんぞ。

三好氏、日和佐氏を従属(翌月臣従)させた。四国をとりあえず制圧したことになる。次はどこに鉾先を向けてくるか…?

【1557年12月】

三好氏は雑賀衆との不戦同盟を破棄。よしよし、ついでに河内畠山氏と激突しろ。

【1558年01月】

石見国の西端・三本松城が落ちて吉見氏滅亡。吉見正頼はどこに行ったのか。

備前・沼城、兵糧が尽きて開城。宇喜多氏は滅亡。

【1558年02月】

それにしても、大友氏がおとなしい。もはや九州には敵対勢力はないので、毛利氏と不戦同盟を結んだときには、豊後水道を渡って四国に攻め込む(=三好氏と激突)する伏線か、とも思ったのだが、どうやらそうでもないらしい。大友義鎮(宗麟)、何を考えているのか。

« 戦国史-大逆転 Vol 13 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 15 »

戦国史-大逆転」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/15679571

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国史-大逆転 Vol 14:

« 戦国史-大逆転 Vol 13 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 15 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31