« 戦国史-大逆転 Vol 12 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 14 »

2007/07/13

戦国史-大逆転 Vol 13

【1557年01月】

益田氏が従属志願して毛利氏の傘下に。

地蔵嶽城を襲っていた14000の敵軍も撃退。

【1557年02月】

羽鳥弘孝が蒲刈城に登場。羽鳥茂孝の次男という設定。

尼子国久が病没。山陰地方における尼子時代の終焉を感じる。

155702

【1557年03月】

但馬山名氏が備前浦上氏との不戦同盟を破棄。状況が多少変わり始めたか?

【1557年05月】

金子城をとりまく情勢が、将棋でいうところの「千日手」状態になってきた。すなわち、九十九城から三好軍来襲→来島城から鳴海軍救援→三好軍、九十九城に撤退→鳴海軍、来島城に撤退→九十九城から三好軍来襲…。だるい。

【1557年06月】

閉塞状況打破のため、三好氏に再度従属を打診したが拒絶された。さすがにそこまでバカじゃないということか。
やむを得ず、目先を変えて大友氏(三好氏と不戦同盟締結中)に従属することで、とりあえず三好氏とは休戦状態に。再び毛利氏と敵対関係に。
さっそく、銀山城攻略作戦開始。

【1557年07月】

難なく銀山城攻略に成功。

【1557年08月】

現時点では関係ないけど、木下秀吉が那古屋城に登場。

豊前杉氏が従属志願して毛利氏の傘下に。

因島城を攻撃中の毛利方の益田藤兼を来島村上武吉が撃退したが、鳥籠山城が小早川隆景以下14000の毛利軍に包囲された。おまけに毛利隆元が頭崎城から、宍戸隆家が五籠城から鳥籠山城を窺っている。まあ、戦力的に太刀打ちできない状況ではない。

« 戦国史-大逆転 Vol 12 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 14 »

戦国史-大逆転」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/15678124

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国史-大逆転 Vol 13:

« 戦国史-大逆転 Vol 12 | トップページ | 戦国史-大逆転 Vol 14 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31