« 1942年夏 Vol 4 | トップページ | 1942年夏 Vol 5 »

2007/05/03

広地区主要部

えーと、広地区の社宅群です。
左下にちょろっと見えるのが、広駅。

Photo_66

でもって、広駅付近を拡大。

Photo_67

橋上式駅舎になっているのがJR広駅。それと直角に交差している高架駅が芸急広駅です。

駅の上方にある交差点が広交差点のつもりなんですが、地元の方はすぐわかるように、実際には駅と交差点は500メートル以上離れています。

芸急の線路は今のところ、ここまで。いずれ南に延伸して長浜・小坪地区にも駅を設置する予定。

« 1942年夏 Vol 4 | トップページ | 1942年夏 Vol 5 »

シムシティ4(架空鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/14944202

この記事へのトラックバック一覧です: 広地区主要部:

« 1942年夏 Vol 4 | トップページ | 1942年夏 Vol 5 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31