« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

1942年夏 Vol 4

★1942年6月第6ターン

ホランジャ駐留の駆逐艦を使い、港外に潜んでいた海蝿を始末。

   潜水艦     クレバレ        爆雷により沈没
   潜水艦     シスコ          爆雷により沈没
   潜水艦     ポーギー       爆雷により沈没
   潜水艦     ポーパス       爆雷により沈没
   潜水艦     グルーパー      爆雷により沈没

続きを読む "1942年夏 Vol 4" »

2007/04/27

牛が…

Photo_65

2007/04/24

1942年夏 Vol 3

★1942年6月第4ターン

仏印のドクー総督から久しぶりの物乞い。断固として拒否すると…

420604

仏印の各根拠地の治安は一気に悪化。でも、必要警備兵力を駐留させているので、なんら問題はなし。

続きを読む "1942年夏 Vol 3" »

2007/04/21

1942年夏 Vol 2

★1942年6月第3ターン

開戦から半年が経過した。

西方はほとんど進展なし。というより、サイヨク・バンコクを落とされてむしろ後退しているわけだが、プノンペンの航空基地整備も終わり、秋(雨季の終了)を待って反撃に出たいところ。

南太平洋ではニューギニアに足掛かりを築いて、まずまず着実に勢力範囲は広がっている。でも、かなり無理をして蛙飛び的に占領地域を拡大しているので、油断はならない。

一方、大陸打通作戦は順調。残る敵根拠地は中越国境の南寧だが、これも秋の到来と同時に速攻で落としたい。

高速駆逐艦「島風」の基本設計が完了。この成果をもとに、一刻も早く「御蔵」型海防艦を大量建造したいので、「島風」の開発は中止。

横須賀のドックに入渠していた「扶桑」の工事がほぼ終わりに近づいた。パラオに移動させて、あとの艤装は工作艦「明石」に任せることに。「秋月」型駆逐艦の「初月」も 出渠。
代わりに、ホランジャの「比叡」を横須賀へ回航する。

また、横須賀で「大鳳」型装甲空母「白鳳」、佐世保で「翔鶴」型正規空母「龍鶴」の建造に着手。

続きを読む "1942年夏 Vol 2" »

2007/04/18

1942年夏 Vol 1

★1942年6月第1ターン

アンボンの零戦80機でポートダーウィンを襲撃。飛行場にB17Eの姿が…。実戦配備されとるやんけ~

  第12次ポートダーウィン爆撃戦
   日本軍参加兵力 航空機  76機 損失   4機
   連合軍参加兵力 航空機  30機 損失  21機
   在地機23機撃破

続きを読む "1942年夏 Vol 1" »

2007/04/15

1942年春 Vol 16

★1942年5月第8ターン

前ターンでクェゼリン近海に姿を現した敵艦隊。日本制海権下の内南洋を堂々と航行して、ウルシー沖へ。

パラオから97式大挺を飛ばして偵察。

「アトランタ」級巡洋艦の「サンジュアン」以下駆逐艦20隻、輸送船&タンカー3隻という陣容である。

ここは航空攻撃が常道だろうけど…水雷屋魂が…う~ガマンできん。
パラオ駐留の重巡部隊、出撃。

  第3次ウルシー沖海戦
   日本軍参加兵力 巡洋艦16隻 小型艦10隻
   連合軍参加兵力 巡洋艦 1隻 小型艦20隻 輸送船 2隻 タンカー 1隻
   駆逐艦     ホーエル         砲撃により沈没
   駆逐艦     マッコール        砲撃により沈没
   駆逐艦     フレッチャー       砲撃により沈没
   駆逐艦     デイリー        砲撃により沈没
   駆逐艦     ランスデイル      砲撃により沈没
   輸送船     連商船22号   砲撃により沈没
   駆逐艦     レンショー        砲撃により沈没
   駆逐艦     カッシン         砲撃により沈没
   駆逐艦     カニンガム       砲撃により沈没
   駆逐艦     ブレッキンリッジ   砲撃により沈没
   駆逐艦     ポーター        砲撃により沈没
   駆逐艦     ベンハム        砲撃により沈没
   タンカー   連商船163号  砲撃により沈没
   駆逐艦     マッシー         砲撃により沈没
   駆逐艦     モーリー         砲撃により沈没
   駆逐艦     パーカー        砲撃により沈没
   駆逐艦     ウォーク         砲撃により沈没
   駆逐艦     バグレー       砲撃により沈没
   駆逐艦     エールウィン       砲撃により沈没
   駆逐艦     エレット         雷撃により沈没
   駆逐艦     アブナーリード    雷撃により沈没
   輸送船     連商船23号   雷撃により沈没
   軽巡       サンジュアン      雷撃により沈没
   駆逐艦     クレイブン       雷撃により沈没

   駆逐艦     子日         砲撃により沈没

水雷なんて言いながら、結局砲撃メインになってしまったけど、敵艦隊は壊滅。こっちも駆逐艦「子日」がやられてしまったが。

続きを読む "1942年春 Vol 16" »

2007/04/12

市民広場周辺

国立呉医療センター(旧国立呉病院)と市民広場(通称・れんぺい=練兵場)です。

2_1

病院の周囲は荒地だらけですけど。

市民広場も用途別に区画させてもらいました。

Photo_64

…隣接して美術館を建てる土地がない…

2007/04/09

1942年春 Vol 15

★1942年5月第5ターン

   海防艦     福江         シンガポールにて竣工

19回にわたる爆撃の後、

  第1次鄭州攻略戦
     日本軍参加兵力  300部隊/両 損害   0部隊/両
     連合軍参加兵力    0部隊/両 損害   0部隊/両
   鄭州占領

これで、隣接する漢口の治安も回復に向かうはず。治安が安定したら、すぐに漢口-長沙間の鉄道工事に着手するべし。鉄をはじめとする資材も漢口に届いているし、内地で作業中の工兵部隊も呉に集結して輸送船に乗り込むばかり。

はるばる喜望峰回りで欧州に向かった潜水艦部隊。ドーバー海峡で英国海軍の哨戒網に捉えられて…

   潜水艦     伊6号        爆雷により沈没

残り7隻は何とかドイツにたどり着いた。

続きを読む "1942年春 Vol 15" »

2007/04/06

呉市和庄地区

だいぶ建築物が増えてきました。

Photo_61

大きく変貌をとげているのが和庄地区。鉄道駅も設置されています。

Photo_62

マンションの屋上で優雅にプール遊び。いいご身分ですな。

Photo_63

2007/04/03

1942年春 Vol 14

★1942年5月第3ターン

   工作艦     鳴門         呉にて竣工

クェゼリン沖に敵艦隊出現。
偵察してびっくり。戦艦なんと17隻、駆逐艦20隻という大艦隊。ただし、空母はおろか上陸部隊を積んだ輸送船も随伴していない。
いったい何をしにきたのか。ヤンキー共の考えることはよくわからん。

言うまでもなく、パラオの第2艦隊は即応態勢で待機。万が一を考えて、シンガポールの第1艦隊も支援のため、東進してフロレス海まで進出。ついでにポートダーウィンにも一撃くれてやればいいだろう。場合によっては横須賀の『長門』『陸奥』『山城』『祥鳳』『龍鳳』にも出撃命令を下すことになるかもしれん。

引き続き…

  第13次鄭州爆撃戦
   日本軍参加兵力 航空機 229機 損失   3機
   23部隊/両撃破

  第14次鄭州爆撃戦
   日本軍参加兵力 航空機 191機 損失   2機
   16部隊/両撃破

続きを読む "1942年春 Vol 14" »

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31