« 1942年春 Vol 9 | トップページ | 1942年春 Vol 11 »

2007/03/13

1942年春 Vol 10

★1942年4月第5ターン(13~15日)

   駆逐艦     秋月         呉にて竣工

『秋月』型は、空母機動部隊の防空直衛を任務とし、対空火力(10㎝連装高角砲4基)と対潜兵装(爆雷装備数54発)に優れた大型駆逐艦である。史実では、1番艦は1942年6月13日に竣工しているので、2ヵ月ばかり早い。

パラオから潜水隊出撃。こうなれば総動員である。
魚雷を数発命中させたが…

   潜水艦     伊74号       爆雷により沈没
   潜水艦     伊68号       爆雷により沈没
   潜水艦     伊71号       爆雷により沈没

空母を失った敵機動部隊、逃げるどころかウルシー沖まで進出してきた。いったい何を考えているのか。

前ターンに引き続いての第2次攻撃。今回のメインターゲットは巡洋戦艦である。

  第1次ウルシー沖空海戦
   日本軍参加兵力 航空機 530機 損失  48機
   連合軍参加兵力 戦艦 6隻 巡洋艦10隻 小型艦18隻 タンカー 2隻
   巡洋戦艦   サラトガ        爆撃により沈没
   巡洋戦艦   レンジャー       爆撃により沈没
   巡洋戦艦   ユナイテッドステーツ  爆撃により沈没
   駆逐艦     デイビス       爆撃により沈没
   駆逐艦     ポーター        爆撃により沈没
   駆逐艦     モフェット        爆撃により沈没
   駆逐艦     エジソン        爆撃により沈没
   駆逐艦     バック         爆撃により沈没
   駆逐艦     グウィン        爆撃により沈没
   駆逐艦     ウォーク         爆撃により沈没
   駆逐艦     グレイソン       爆撃により沈没
   駆逐艦     フェルプス       爆撃により沈没
   駆逐艦     セルフリッジ      爆撃により沈没
   タンカー   連商船1号    爆撃により沈没
   駆逐艦     クラーク         爆撃により沈没
   軽巡       リッチモンド      爆撃により沈没
   駆逐艦     ウォーリントン      爆撃により沈没

パラオ基地の1式陸攻・96式陸攻も直掩の零戦を随伴して攻撃に参加。

  第2次ウルシー沖空海戦
   日本軍参加兵力 航空機 201機 損失  30機
   連合軍参加兵力 戦艦 3隻 巡洋艦 9隻 小型艦 6隻 タンカー 1隻
   巡洋戦艦   コンステチューション   爆撃により沈没
   駆逐艦     バルチ         爆撃により沈没

ついでにトラック基地からも。

  第3次ウルシー沖空海戦
   日本軍参加兵力 航空機  35機 損失   7機
   連合軍参加兵力 戦艦 2隻 巡洋艦 9隻 小型艦 5隻 タンカー 1隻
   巡洋戦艦   レキシントン       爆撃により沈没

巡洋戦艦は残り1隻となったところで、日没。
次なる一手は…日本海軍のお家芸、夜戦じゃ~

  第1次ウルシー沖海戦
   日本軍参加兵力 戦艦 6隻 空母 6隻 小型艦18隻 タンカー 1隻
   連合軍参加兵力 戦艦 1隻 巡洋艦 9隻 小型艦 5隻 タンカー 1隻
   軽巡       コンコード       砲撃により沈没
   軽巡       オマハ          砲撃により沈没
   軽巡       デトロイト       砲撃により沈没
   軽巡       ローリー         砲撃により沈没
   軽巡       トレントン        砲撃により沈没
   軽巡       アトランタ        砲撃により沈没
   軽巡       サンディエゴ     砲撃により沈没
   駆逐艦     エリクソン        砲撃により沈没
   駆逐艦     ラッドロウ       砲撃により沈没
   駆逐艦     アンダーソン      砲撃により沈没
   駆逐艦     ランスデイル      砲撃により沈没
   巡洋戦艦   コンステレーション    雷撃により沈没
   タンカー   連商船5号    砲撃により沈没
   駆逐艦     ジュエット       砲撃により沈没

重巡2隻を残して、すべて海の藻屑に。これで、しばらくは米太平洋艦隊もおとなしくなるだろう。

« 1942年春 Vol 9 | トップページ | 1942年春 Vol 11 »

太平洋戦記2 1942年」カテゴリの記事

コメント

雷撃成功せしも・・・英霊となられたか・・・

名前から見るに・・・対空型軽巡に平甲板型若しくは大戦初期型の旧式部隊ですわな。
まあ駆逐艦に関しては・・・・とんでもない数のワシントン急行が・・・

砲撃ぶちかまして痛快でしたけど…今後を考えると、鬱ですわ(ー_ー#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/14185457

この記事へのトラックバック一覧です: 1942年春 Vol 10:

« 1942年春 Vol 9 | トップページ | 1942年春 Vol 11 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31