« 1941年12月第6ターン | トップページ | Almagest 第2部 23 »

2006/12/18

Almagest 第2部 22

【1月第1週】

CLSとの講和成立。
これでUFEとの対決に本腰を入れることができる。
そのUFEだが、イザナミが死闘を繰り広げている間にFDMとの戦いでかなり弱体化していた。領有する惑星も8にまで減少し、経済が破綻している模様。現時点での保有資金はなんと6。


【1月第2週】

久々に攻勢に出る。
イザナミの無敵艦隊134隻が惑星アプサラスを出撃。目指すは因縁の星・イリアス
実は先月のイリアス平和祈念式典の際に、ナナミ女皇とイリアス復興委員会のレオン・ワソハック代表は極秘会談をもち、イザナミ宇宙軍のイリアス侵攻(解放?)について合意が成立していたのである。
イリアス側(反UFE勢力)による有形無形の支援下での作戦であり、凋落著しいUFE艦隊を撃滅するのは比較的容易か。

【1月第3週】

難なく惑星イリアスを攻略。ついに地球統一連邦からこの曰くつきの惑星を解放した。
UFE艦隊は惑星エッダ付近でFDM艦隊と死闘を繰り広げた結果…ほぼ壊滅状態。制宙権を奪われた状態で、エッダの命運も風前の灯火です。


【1月第4週】4ターン

どんどんいってしまいます。
いよいよソル星(太陽)系へのDJG航路分岐点であるゲートキーパー要塞攻略へ。
侵攻に先立って入手した情報では、UFEは7個艦隊を編成してイザナミ艦隊を迎え撃つ模様。持てる戦力をすべて投入し、背水の陣を敷いたようである。
7個艦隊とは、さすが腐っても鯛というところか。
だが、続いて送られてきた第二報によると、その陣容は…

Photo_28

わずか31隻。張子の虎ですな、こりゃ。

« 1941年12月第6ターン | トップページ | Almagest 第2部 23 »

Almagest Vol 1」カテゴリの記事

コメント

一回ぶち破れば後は腐ったドアですからね~
とはいえイケイケゴーゴー(古っwwww
では領土が広がりすぎて大変なのでご注意を。
どんだけ版図を拡大しても八個艦隊だけってのがきついところ・・・

> では領土が広がりすぎて大変なのでご注意を。

はい。後背を衝かれることのないように、外交努力を続けています(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/13057556

この記事へのトラックバック一覧です: Almagest 第2部 22:

« 1941年12月第6ターン | トップページ | Almagest 第2部 23 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31