« Almagest 第2部 26 | トップページ | Almagest 第2部 27 »

2006/12/28

1941年12月第10ターン

1941年12月第10ターン(28~31日)

5次にわたる爆撃の後、いよいよ蘭印最大の原油産出地・パレンバン攻略作戦発動。

史実にのっとって空挺部隊に主役を務めてもらいたいところだが、現時点で空挺部隊を空輸できるのは、陸軍所属の『百式輸送機』だけ。空挺作戦における『百式輸送機』の航続距離は1100キロ。ところが、残念なことにパレンバンから1100キロ圏内に味方の飛行場がないのである。

予定ではシンガポール(パレンバンまでの直線距離は496キロ)から飛ばすつもりだっだけど、飛行場の整備が間に合わん。あと4ターン(12日前後)で大型機の発着が可能になりそうだが、そこまでのんびり待つのもイヤなので、リンガの攻撃部隊だけでパレンバンに突入してもらいます。

  第1次パレンバン攻略戦
     日本軍参加兵力   20部隊/両 損害   0部隊/両
     連合軍参加兵力    0部隊/両 損害   0部隊/両
   パレンバン占領

幸い無血占領が成ったので、最大の攻略目標である精油所は全く損傷を受けずにすんだ。やれやれ。

さて、第2艦隊はボルネオ島の南端セラタン岬を迂回し、ラウト島の沖合を通って針路を北に転じ、バリクパパンに。バリクパパンの原油採掘量はブルネイと同じく月産3600トンだが、ここには精油所があるため、原油を加工して生成された燃料を貯蔵しておき、必要に応じて直接前線に運ぶことができる。

宇都宮の陸軍機製作所で『百式輸送機』20機が完成。空挺部隊1個大隊300人を宇都宮から仏印方面に空輸する。

« Almagest 第2部 26 | トップページ | Almagest 第2部 27 »

太平洋戦記2 1941年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/13052396

この記事へのトラックバック一覧です: 1941年12月第10ターン:

« Almagest 第2部 26 | トップページ | Almagest 第2部 27 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31