« 1941年12月第3ターン | トップページ | 1941年12月第4ターン »

2006/12/08

12月8日開戦

さて、12月8日、運命の日…

前述のとおり真珠湾攻撃はしないので、台湾の高雄を拠点としてまず南方へ。奇襲効果のおかげで敵の反撃がないうちに、南方作戦展開の布石を打っておく。

第1艦隊および第2艦隊を以下の陣容で編成した。

●第1艦隊
戦艦『紀伊』『尾張』『駿河』『近江』『金剛』『榛名』
航空母艦『赤城』『天城』『高雄』『愛宕』『翔鶴』『瑞鶴』
駆逐艦12隻
高速タンカー1隻

●第2艦隊
戦艦『加賀』『土佐』『比叡』『霧島』
航空母艦『浅間』『鞍馬』『摩耶』『鳥海』『飛龍』『蒼龍』
駆逐艦12隻
高速タンカー1隻

タンカー1隻は燃料補給のためである。
ちなみに両艦隊を指揮するのは、南雲忠一中将井上成美中将あたりでしょうね。んで山本五十六連合艦隊司令長官は、旗艦『長門』に座乗して呉軍港にいらっしゃいます。

第1艦隊は高雄を出港して一路南下。フィリピン・ルソン島の北端アパリ沖に進出した。
ここから、6隻の戦艦の主砲でもってアパリの航空基地を艦砲射撃。『紀伊』『尾張』『駿河』『近江』の40cm砲、『金剛』『榛名』の36cm砲が続けざまに火を噴いて、あっという間に飛行場は機能喪失。これで敵重爆の発着は当分の間、不可能になった。

続いて第2艦隊も出撃。ルソン島の西を迂回してピナトゥボ火山を左手に見ながら、マニラの沖合へ。マニラの防衛施設に対し、戦艦4隻による艦砲射撃を実行。さらに空母艦載機360機による爆撃で、敵地上兵力の削減に努めた。

Photo_14 

そうこうするうちに史実どおり登場しました、英国東洋艦隊
シンガポールから出航し、日本軍のマレー上陸部隊および輸送船団を捜し求めて南シナ海を北上。でも、当然ながら日本艦隊は見つかるわけないので、サンジャック東南400キロの地点で反転しシンガポールへの帰途に。

この機を逃さず、サンジャックから日本海軍航空隊119機(96式陸攻22、1式陸攻11、零戦21)が出撃。英国の誇る新鋭艦『プリンス・オブ・ウェールズ』『レパルズ』に猛然と襲いかかった。

Photo_21

で、戦果はこのとおり。

  第1次クチン沖空海戦
   日本軍参加兵力 航空機 119機 損失  11機
   連合軍参加兵力 戦艦 2隻 巡洋艦 3隻 小型艦 7隻
   戦艦       P・O・ウェールズ   爆撃により沈没
   巡洋戦艦   レパルス        爆撃により沈没


ロンドンのチャーチル首相、ショックで顔面蒼白やろ。

今度は東太平洋で動きが。パルミュラ沖で潜水隊が敵輸送艦隊に遭遇し…

   タンカー   連商船160号  潜水艦の雷撃により沈没

よしよし、順調順調♪

潜水艦部隊は、東太平洋方面で計5つの部隊が展開中だが、いったんクェゼリンに戻す予定。そこで、航続距離の長い巡潜型潜を中心にドイツ派遣部隊を編成したあと、残りの潜水艦はニューギニアの各根拠地付近で偵察に従事させ、敵輸送艦隊の入港時を捉えて、トラックあるいはパラオ基地所属の航空隊で叩くという方法を採る。
今のところ、ニューギニア方面で積極的な攻勢を展開するだけの余力はないが、あまり長期間放置しておくとニューギニアの敵根拠地は難攻不落の要塞と化してしまうため、可能なかぎり無力化しておく必要があるのだ。
つーことは、トラックおよびパラオの飛行場も整備・拡張を急がねば。あ~忙しい。

潜水艦による通商破壊は…まあ、気が向いたらやろう。

« 1941年12月第3ターン | トップページ | 1941年12月第4ターン »

太平洋戦記2 1941年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/12462439

この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日開戦:

» 【 戦艦加賀 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
戦艦加賀に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

» 【 戦艦紀伊 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
戦艦紀伊に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

« 1941年12月第3ターン | トップページ | 1941年12月第4ターン »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31