« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

Almagest 第2部 20

【12月第3週】

FDM艦隊を撃破して、ほっとするも束の間、次のお客様が…。

ブラオローゼ公国(BRR)の7個艦隊162隻

BRRとは初の直接戦闘である。久しぶりに性根を据えて対処せねばなりますまい。
配備艦艇はフェンリル級戦艦が主力。士官の能力もまずまずといったところ。一見、互角の戦いだが、戦闘の経験やそれをもとに編み出した戦術などはイザナミに軍配が上るのではないか。

2006/11/28

Almagest 第2部 19

【12月第2週】

UFE艦隊およびフリーダムトーチ共和国(FDM)艦隊を撃破。もう艦隊戦では負ける気がしなくなってきた。

連戦に次ぐ連戦のおかげで、士官の功績値が増えるわ増えるわ…。

◆イズハラ准将が少将に昇進
◆シアリー・エルテン中佐が大佐に昇進
◆マレザキ中佐が大佐に昇進
◆天美館メイド隊中佐が大佐に昇進

しかし、士官はともかく一般兵員は、超過剰労働でかなり疲弊しているのが懸念される。不満が爆発して反乱なんか起きなければいいが…。

今週のお客様:惑星ベルガモットからオリンピア連合様5個艦隊78隻。シルクロード要塞付近にてお出迎え(迎撃)の用意。

2006/11/26

Almagest 第2部 18

【12月第1週】

惑星ヴェーダからUFE艦隊36隻が、惑星アガスティアからFDM艦隊52隻が、それぞれアプサラス目指して進撃中。も~いいかげんにしてくれ。
五正面作戦とはいいながら事実上の防衛正面は3方面であり、これまでのところ時間差各個撃破で切り抜けてはいるが、同時に3方向から挟撃されたら打つ手がない。
とりあえずイザナミ第3・4・5艦隊をまたアプサラスに戻す。

2006/11/23

地域画像-鹿児島-

Almagestからちょっと離れて、久々の地域画像。九州南端・鹿児島です。
桜島にも行ったし、指宿で砂風呂にも入ったど。でも、火山灰は鬱陶しかった。

Kagosima

「地域画像保管室」

2006/11/19

Almagest 第2部 17

【11月第3週】

UFE艦隊を撃滅したかと思いきや、今度は惑星ベルガモットからオリンピア連合(OLY)の3個艦隊がシルクロード要塞に接近中。40隻あまりということで大した兵力ではないけど。とりあえず、第3・4・5艦隊の合計88隻をシルクロード要塞に派遣。

セレスティア共和国(CLS)もオプシディアン要塞に7個艦隊90隻を集結させているので、こっちの方の動向も非常に気がかり。CLSとは戦火を交えるつもりはないんだが。ニルヴァーナ要塞にも第1・2艦隊56隻をスイングして、CLSの侵攻抑止を図る。

ちなみにオプシディアン要塞の行政官は、何と先月滅亡したばかりのアガスティア行政区の元総督サティーラナ・ジャナンタ。なんとまあ、変わり身の早いことで…。

2006/11/17

Almagest 第2部 16

【10月第4週】

死力を尽くした戦いの結果、

地球統一連邦軍の8個艦隊全滅。

イザナミ軍の被害はフェンリル級戦艦25隻戦没というもの。敵の攻撃はドレイク艦隊に集中し、同艦隊は22隻中19隻が破壊されるという大きな損害を被った。
だが、全体的には、この犠牲を活かす形で終始戦術的優勢を保ち、圧勝という結果を得たことについては、IZNの士官たちは大いに賞賛されるべき。

ともかく、これでひと息ついた格好だが、さて、この次は誰がどこからどう出てくるか…。

報告し忘れていたが、いつの間にかスチュアート・ブライアン氏がイザナミ技術開発局のスタッフに加わっていた。ジリアン・クルーソー女史に次ぐ研究開発の第一人者である。これで、兵器開発のスピードも飛躍的にアップ。

続きを読む "Almagest 第2部 16" »

2006/11/15

Almagest 第2部 15

【10月第3週】

フリーダムトーチ共和国の惑星ファーランド(各種高級酒の産地)から6個艦隊が惑星アガスティアに殺到。

Ags

そのAGSから脱出した複数の高級士官に人材捜索局が接触。
ジュヌヴィエーヌ・ポー氏との交渉成立である。彼女の知力と政治力の高さ(それぞれ82と85)は非常は今後大いに有用だろう。人材捜索局の手柄ですね。

続きを読む "Almagest 第2部 15" »

2006/11/13

Almagest 第2部 14

【10月第2週】

惑星アプサラス近傍宙域で両軍激突です。数、装備、士官の能力、いずれの面でもIZNが優勢。負けるとは思えん。案の定、自在な用兵、戦法でAPSを翻弄。敵迎撃艦隊、撃滅です。

いよいよ衛星軌道に到達。防衛システムに対する攻撃を開始。まず、残存の迎撃艦隊を潰す。次に、ガルム級防衛艦に照準を定め、各艦主砲斉射。合間に防衛衛星からの砲撃を受けて、少なからず損害が出る。この惑星には、艦載戦闘機アインヘリアルが防空軌道部隊として配備されており、そちらによる攻撃も大いに鬱陶しい。

しかし、IZN艦隊は防衛艦を全滅させ、防衛衛星Ⅱ型の強固さに手を焼きながらも、これを着実に破壊して…ついに無力化に成功。

15aps

それはいいが…えらいことになりました(以下ネタバレ含む)。

続きを読む "Almagest 第2部 14" »

2006/11/11

Almagest 第2部 13

【10月第1週】

フェンリル級戦艦130隻竣工。よし、決めた。

Izn

直後、シルクロード要塞からイザナミ皇国宇宙艦隊が出撃。第1艦隊28隻(エルテン提督)、第2艦隊24隻(ブロンコ提督)、第3艦隊44隻(モリサキ提督)、第4艦隊22隻(ドレイク提督)という陣容です。

情報によると、APSの兵力は以下のとおり。
宇宙艦隊は6個艦隊で編成。艦種別の内訳は、スコル級駆逐艦72隻、レベリギウス級重巡洋艦10隻、エウクレイデス級戦艦10隻。
惑星防衛兵力は、ガルム級防衛艦30隻、防衛衛星Ⅱ型38基、軌道部隊アインヘリアルというもの。

それにしても、ナナミ女皇、ここんところ覇道を突き進んでいるようで、ちょっと?かなり気がかり。

2006/11/09

Almagest 第2部 12

【9月第4週】

元メガリス行政区のお飾り総督ウェンディ・マークライトがイザナミに亡命を希望してきた。

Photo_23

なんで、ジリアン・クルーソー女史じゃないのか。箱入りのお嬢さんではあんまり役にも立たんだろうが、まあいい。

「純白の信仰旅団」の活動拠点が判明。なんと「地球統一連邦アプサラス特別区(APS)」の首都ミッドナイトサンらしい(←妄想)。

続きを読む "Almagest 第2部 12" »

2006/11/07

Almagest 第2部 11

【9月第1週】

いつの間にか、フェンリル級戦艦と艦載戦闘機ヴァルキューレの開発が終了していた。どうやら、この記録を綴るにあたって保存していたセーブデータのロードを間違えてしまったらしい。
さっそく、老朽艦や不要艦をすべて売り払って資金を作り、フェンリル級戦艦130隻を大量建艦。

続きを読む "Almagest 第2部 11" »

2006/11/05

Almagest 第2部 10

【8月第4週】

惑星ゴスペルにて爆弾テロが発生。商工会議所ビルがまるごと崩壊し、1000人以上の死傷者が出た。犯行声明は…出ました、「純白の信仰旅団」から。神聖メシアン教国崩壊後も何処かに秘密の拠点を構えて活動を続けているらしい。
ゲリラ戦になってくると、分が悪いと言うか…辛いですな。「純白の信仰旅団」の拠点を早いとこ突き止めて、手を打たなければ。

Photo_18
崩壊する商工会議所ビル(↑)

2006/11/03

地域画像-宮崎-

この連載も、あと残すところ3回。今回は南国宮崎です。
宮崎には縁がありまして、おいらの父親はかの地の出身。おかげで今までに10回近く、宮崎には足を運んだことがあります。
台風にはよく襲われるし、たまに竜巻も発生しますが、それを除くとよいところです。

Miyazaki
「地域画像保管室」

2006/11/01

Almagest 第2部 9

内務省人材捜索局がついにドレイクの身柄を確保した。

身元調査によると、彼はサクラ・コミュニティーにつながる名家の生まれであるとのこと。古色蒼然たる因習を嫌って海賊の道を選んだらしい。

ドレイクは、ナナミ女皇との対面でその人となりに少なからぬ感銘を受けた様子。

3026 

続きを読む "Almagest 第2部 9" »

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31