« Almagest 第2部 15 | トップページ | Almagest 第2部 17 »

2006/11/17

Almagest 第2部 16

【10月第4週】

死力を尽くした戦いの結果、

地球統一連邦軍の8個艦隊全滅。

イザナミ軍の被害はフェンリル級戦艦25隻戦没というもの。敵の攻撃はドレイク艦隊に集中し、同艦隊は22隻中19隻が破壊されるという大きな損害を被った。
だが、全体的には、この犠牲を活かす形で終始戦術的優勢を保ち、圧勝という結果を得たことについては、IZNの士官たちは大いに賞賛されるべき。

ともかく、これでひと息ついた格好だが、さて、この次は誰がどこからどう出てくるか…。

報告し忘れていたが、いつの間にかスチュアート・ブライアン氏がイザナミ技術開発局のスタッフに加わっていた。ジリアン・クルーソー女史に次ぐ研究開発の第一人者である。これで、兵器開発のスピードも飛躍的にアップ。

【11月第2週】

またまた、UFEの4個艦隊がアプサラスに接近中。フェンリル級戦艦を主力とした105隻の艦隊だが、前月の天王山を凌いだIZNにとっては恐れるに足らん兵力。

それにしても、惑星アプサラス、テロが多い。本当は優秀な行政官をおいて、治安回復に努めたいのだが、交戦国からの攻撃をかわすために1人でも多くの士官を前線に投入する必要がある。辛いわ~。
ということで、マハートマー少佐率いる第5艦隊を創設。フェンリル級戦艦20隻を配備した。

兵器開発では、ヴァルハラⅡ級空母の開発を終え、究極の艦艇ヨルムンガント級弩級戦艦の開発に着手。

« Almagest 第2部 15 | トップページ | Almagest 第2部 17 »

Almagest Vol 1」カテゴリの記事

コメント

おとなしくしているブラオローゼが怖い…
仕官の質は、アホな地球統一連邦をはるかに超えますからね…動き出したら、ちょっとヤバイかも……後は支配している惑星2つに連邦主力とブラオローゼ主力がそれぞれ侵攻した場合とか…

さて、どうなるか…

中央星系に入ると否応無く巻き込まれますからねえ・・・
しかし、BRRと地球連邦は中央への入り口で争っててくれれば楽なんですけどね・・・

基本的にうちは漁夫の利一点狙いですw

完全にスケープゴートにされてます(>_<)
シンドいです…。

>しかし、BRRと地球連邦は中央への入り口で争っててくれれば楽なんですけどね・・・

この場合、同盟を受けてブラオローゼが参戦しているだけに友好が高まっているでしょうから、それは、当分ありそうにないですねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/12711747

この記事へのトラックバック一覧です: Almagest 第2部 16:

« Almagest 第2部 15 | トップページ | Almagest 第2部 17 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31