« Almagest 第2部 14 | トップページ | Almagest 第2部 16 »

2006/11/15

Almagest 第2部 15

【10月第3週】

フリーダムトーチ共和国の惑星ファーランド(各種高級酒の産地)から6個艦隊が惑星アガスティアに殺到。

Ags

そのAGSから脱出した複数の高級士官に人材捜索局が接触。
ジュヌヴィエーヌ・ポー氏との交渉成立である。彼女の知力と政治力の高さ(それぞれ82と85)は非常は今後大いに有用だろう。人材捜索局の手柄ですね。

一方、イザナミを取り巻く国際情勢は一層深刻になってきた。
セレスティア共和国(CLS)フリーダムトーチ共和国(FDM)オリンピア連合(OLY)がの3ヵ国がイザナミに宣戦布告ですよ。
四面楚歌どころか五面楚歌。もうどうにもなりません。

そんな中、「惑星ヴェーダ方面からアプサラスにUFE艦隊接近中」との報告が入った。なんと

8個艦隊245隻

という大兵力。
対するIZNは4個艦隊126隻、約2分の1の兵力です。数的には圧倒的に不利だが、必要以上に怯えて打ち手を間違えると敵の術中にはまることになる。ここはひとつ冷静に…。

« Almagest 第2部 14 | トップページ | Almagest 第2部 16 »

Almagest Vol 1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/12688316

この記事へのトラックバック一覧です: Almagest 第2部 15:

« Almagest 第2部 14 | トップページ | Almagest 第2部 16 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31