« Almagest 第2部 11 | トップページ | Almagest 第2部 13 »

2006/11/09

Almagest 第2部 12

【9月第4週】

元メガリス行政区のお飾り総督ウェンディ・マークライトがイザナミに亡命を希望してきた。

Photo_23

なんで、ジリアン・クルーソー女史じゃないのか。箱入りのお嬢さんではあんまり役にも立たんだろうが、まあいい。

「純白の信仰旅団」の活動拠点が判明。なんと「地球統一連邦アプサラス特別区(APS)」の首都ミッドナイトサンらしい(←妄想)。

●アプサラス特別区
「本来はアガスティア行政区の一部であるが、半独立化した勢力。管轄は惑星アプサラスのみ。この惑星は「アルファケンタウリ星系の航路の要衝、ひいては既知銀河の中心とも言うべき惑星であり、あらゆる物資の流通を仕切る傍ら、惑星規模の歓楽都市として発展してきたため経済規模は異常に大きい。一日に動く金の大きさに比例して治安も悪く、マフィア達が幅を利かせている」(Almagest説明書より抜粋)。

現首長のトラパトーニ女史は、アプサラス最大のマフィア「シェイクハンド」のボスであるという。

それはともかく…「航路の要衝」にして「巨大な経済力」を有する惑星……この際、獲るか。

それにどうも不気味なんだよね、このアプサラス。「トラパトーニ首長の一声で、他惑星への侵攻能力をもつ機動艦隊が出現する」という噂があるし、おまけに、シルクロード要塞-惑星ガンダルヴァ-惑星カリヨンと細長く伸びるイザナミ皇国の領土にすべてアプサラスからの航路がつながっているため、連中がその気になればイザナミは領土を寸断される恐れがあるのだ。いわば、ノド元に刃を突きつけられた状態。やつらが妙な色気を出す前に、こちらから仕掛けてしまおうかねえ。

« Almagest 第2部 11 | トップページ | Almagest 第2部 13 »

Almagest Vol 1」カテゴリの記事

コメント

懐柔は・・・事ここに至るに、無理ですな。
しかし、かの首長の下にはマフィアといえども、
並みの士官以上の戦闘力を誇る士官が揃っております。
戦後統治に関しても、治安が最大50と低く、
常にテロが発生します。

後述しますが、獲ってしまいました。
確かに治安は最悪。でも収入は大幅アップです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/12559301

この記事へのトラックバック一覧です: Almagest 第2部 12:

« Almagest 第2部 11 | トップページ | Almagest 第2部 13 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31