« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/30

Almagest 第2部 8

【8月第3週】

神聖メシアン教国の首都星カテドラル治安維持のため、モリサキ少将以下第1艦隊の面々は、行政官着任まで現地駐留。

第2艦隊のマレザキ少佐はこのたびの功績によって中佐に昇進したので、いったん惑星イザナミに帰投し、イザナミの皇王府でナナミ女皇から辞令を…。その夜は、随員のメイドたちとイザナミの自宅に戻り、惑星ファーランド産の高級ワインで祝杯を上げた(んでしょう)。

続きを読む "Almagest 第2部 8" »

2006/10/28

イザナミ開発レポート開始

Almagestの舞台のひとつ、惑星イザナミにおける首都開発のレポートを連載することにしました。

詳しくは「芸急都市開発」へどうぞ。

2006/10/26

Almagest 第2部 7

【8月第2週】

ゴスペル出発から2週間後。惑星カテドラルの近傍宙域に到達。
惑星地表からの通信波をキャッチ。スクリーンに現れたのは、神聖メシアン教国国家元首のマイケル・ガーディアン教皇。

Photo_11

たわ言は無視して、IZN艦隊は敵の迎撃ラインに接近。

続きを読む "Almagest 第2部 7" »

2006/10/24

Almagest 第2部 6

【7月第2週】

売られたケンカ、買ったからには容赦はせん。

先週、MSA艦隊を撃滅した余勢をかって、神聖メシアン教国領内へ侵攻。攻略目標は惑星ゴスペル。行政官はアクィナス少佐。まだ若いが、メシアン政府高官の中では比較的良識派との噂がある。できれば、こういう有為な人材は投降してほしいところだが…。

Photo_10

続きを読む "Almagest 第2部 6" »

2006/10/22

Almagest 第2部 5

【7月第1週】

偵察衛星がミョウジョウ近傍のステーショナリー・ポイントに出現したMSA艦隊を発見。

旧式のレベリギウス級重巡洋艦70隻 の艦隊。ま、メシアンの実力からすればこの程度だろう。

25msa2

迎撃ライン突破を試みるMSA艦隊に対し、フレスヴェルグ級巡洋艦64隻のイザナミ皇国(IZN)宇宙艦隊は、機動力を活かして縦横無尽の戦術を展開し、敵を翻弄。
戦いが終わってみれば、MSA艦隊は全滅。IZN艦隊の損失はわずかに2艦という圧勝でした。

2006/10/20

Almagest 第2部 4

【6月第4週】

24

やっぱり来たか。

「神の権威」 だの 「聖戦」 だの、これが「穏和な平和主義者」という評判のマイケル・ガーディアンの正体。イザナミからの援助で国家経営を維持しておきながら、まさに天に向かって唾を吐く行為ですな。

ナナミ女皇「上等です。受けて立ちましょう」

惑星ゴスペルから侵攻してくる神聖メシアン教国(MSA)艦隊迎撃のため、惑星カリヨン制圧後にそのまま待機していた第1艦隊(モリサキ提督)と第2艦隊(エルテン提督)を急遽ミョウジョウに派遣。

2006/10/18

地域画像-熊本-

九州も次第に南に移ってきて、熊本です。

何度か阿蘇山に登ったことがありまして、その行きか帰りにちょろっと立ち寄った記憶が…。水前寺公園に行きました。

Kumamoto

「地域画像保管室」

2006/10/16

Almagest 第2部 3

とりあえず、メインサイトの手直しは今回でおしまい。以降は、時々刻々と変化する物語をこのブログで綴っていきます。

2753(星刻歴522)年5月第1週へ

2006/10/14

Almagest 第2部 2

次はこれ → 2753(星刻歴522)年3月第3週へ

少~しずつ、戦いの機運がもりあがってきます。

2006/10/12

Almagest 第2部 1

もう少し、間をおいてリプレイしようと思っていましたが、始めてしまいました。ただし、前回と同じ ver2.06。まだ、ver3.0 はええかな…。

担当国は、これまた前回と同じ「イザナミ皇国(IZN)」。

序盤の展開は前とさほど変わらんので、メインサイトのほうに掲載している「架空戦記体験ツアー…未来編」を一部手直しして、公開することにします。

今回はこれ → 2753(星刻歴522)年3月第2週へ

2006/10/09

アルマゲスト 第1部 完

イザナミ皇国宇宙艦隊、ついに、人類の母なる惑星・地球の衛星軌道に到達。

Photo_8

完全に黙殺したうえで、防衛システムを破壊し、地球を武力占領。ここに、地球統一連邦はその終焉を迎えた。

Photo_9

最後は力で押し切ってしまいました。
終盤、物語に変化が乏しくなり、面白みに欠ける記録になったんで、いずれリプレイに挑戦します。

2006/10/07

アルマゲスト その36

ゲートキーパー要塞、続いてスターゲート要塞を攻略。ついにソル星(太陽)系に突入を果たした。

Sol

地球統一連邦軍の迎撃は鈍く、末期的症状を感じさせる。ここまで来れば、地球までは指呼の距離。このまま一気にねじ伏せるか。

2006/10/02

アルマゲスト その35

追加援助により、イリアスの経済規模が飛躍的に UP!
財政難も一挙に解決か?

レオン・ワソハック氏が駐留艦隊司令官・モリサキ少将に面会を求めてきた。

15

イリアス復興委員会は解散し、レオン・ワソハック氏はそのまま准将としてイザナミ皇国に士官した。


さて、一方の地球統一連邦。保有資金が徐々に少なくなってきている模様。引き続きイザナミ側が侵攻を進めていけば、ほぼ自壊に近い状態で滅亡してくれるのでは。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31