« イザナミ開発レポート開始 | トップページ | Almagest 第2部 9 »

2006/10/30

Almagest 第2部 8

【8月第3週】

神聖メシアン教国の首都星カテドラル治安維持のため、モリサキ少将以下第1艦隊の面々は、行政官着任まで現地駐留。

第2艦隊のマレザキ少佐はこのたびの功績によって中佐に昇進したので、いったん惑星イザナミに帰投し、イザナミの皇王府でナナミ女皇から辞令を…。その夜は、随員のメイドたちとイザナミの自宅に戻り、惑星ファーランド産の高級ワインで祝杯を上げた(んでしょう)。

ところで、国際情勢がここにきて風雲急を告げている。

ファンロン共和国が滅亡して再び国境がじかに接するようになったアガスティア行政区(AGS)がセレスティア共和国に宣戦布告。これでAGSは、フリーダムトーチ共和国(FDM)、イザナミ皇国と合わせて3カ国と交戦状態に。身のほど知らずというか何と言うか…。サティーラナ・ジャナンタ総督の考えとること、ようわからんです。

ロゼッタ星系では、ブラオローゼ公国(BRR)が地球統一連邦メガリス行政区(MGL)に宣戦布告。従来、連邦寄りの中道勢力と見られていたBRRだが、ついに連邦を見限ったか。

国内は、というと、兵器開発で「フェンリル級戦艦および艦載戦闘機ヴァルキューレの開発計画スタート」という大きな動きがあった。
んで、もうひとつの事件が…。

« イザナミ開発レポート開始 | トップページ | Almagest 第2部 9 »

Almagest Vol 1」カテゴリの記事

コメント

アガスティアも必死でさ。
艦隊数制限ありならFDMは・・・お亡くなりだな。
逆なら・・・AGSお亡くなりだわな。
どちらにしても、シルクロード確保は必須でさ。

・・・そろそろやり直してみようかな・・・

アガスティア、ディフェンスラインの構築はなるのか(笑)
でも、イザナミが攻めてきたら無理かぁ…

連邦の道化にすぎないのだろうか…行政区は…
そして直轄区は動かないのか(笑

とりあえず、イザナミ皇国の行動に期待なんですかね…?
(地味にオリンピア辺りが何かしないだろうかと睨んで見る自分w

シルクロードのあちら側では、オリンピアが蠢動しております。不気味です(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/12421229

この記事へのトラックバック一覧です: Almagest 第2部 8:

« イザナミ開発レポート開始 | トップページ | Almagest 第2部 9 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31