« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/29

地域画像-大分-

アルマゲストは小休止。ひさびさの地域画像です。

九州は大分。別府-大分間の高崎山のあたりが、ええ感じです。

Ooita

「地域画像保管室」からダウンロードできます。

2006/08/25

アルマゲスト その26

地球統一連邦の大艦隊を撃退して、ほっと一息ついたところで、今のうちにニルヴァーナ要塞を落としておこう。

モリサキ少将麾下の第1艦隊、ドレイク少佐率いる第3艦隊、出撃!

2週間かけて、ニルヴァーナ要塞の近傍宙域に到達し、さっそく攻略戦。
地球統一連邦軍の大軍と死闘を演じた今となっては、まさに屁のような敵の迎撃。なんせ、駐留艦隊ゼロ、ガルム級防衛艦30隻と防衛衛星Ⅱ型37基じゃねぇ。

続きを読む "アルマゲスト その26" »

2006/08/22

アルマゲスト その25

第3艦隊の離脱によって、戦局は圧倒的に不利になるかと思われたが、敵第4艦隊をなんとか撃滅したところで、俄然有利に傾いた。

敵第1艦隊フェンリル級戦艦60隻とわが軍の同じくフェンリル級戦艦82隻の戦いである。

機動戦・強行突破・密集隊形などの戦術を臨機応変に駆使して…

どうにかこうにか敵艦隊を全滅させ、惑星カリヨンへの侵攻阻止に成功した。

ふぅ~、くたびれた。

2006/08/21

アルマゲスト その24

惑星カリヨン近傍のステーショナリー・ポイントで、地球統一連邦軍の艦隊とわが同盟軍・オリンピア連合の艦隊が激突。

だが…

45

続きを読む "アルマゲスト その24" »

2006/08/19

アルマゲスト その23

【メインサイトで連載開始→銀河星間戦記


来たど来たど

地球統一連邦軍の艦隊が惑星イリアスからカリヨンに向けて進撃中。
偵察衛星からの情報では、

フェンリル級戦艦50隻以上
スレイプニル級強襲艦40隻以上
ヴァルハラ級空母20隻以上
エウクレイデス級戦艦20隻以上


という兵力。かなりヤバいよ~。

続きを読む "アルマゲスト その23" »

2006/08/18

アルマゲスト その22

今度はこれ。

39aps

ヤバいよ~これ。イザナミに宣戦してこなければいいが。
地球統一連邦との二正面作戦をこなす自信はないど。

まさしく風雲急を告げています。

その他、セレスティア共和国が地球統一連邦に宣戦したり、フリーダムトーチ共和国と同盟を結んだりで、三つ巴四つ巴の争いになってきた。

2006/08/17

アルマゲスト その21

イザナギ星系を統一して、ホッとしたのも束の間…

38

以外に早くきやがったか…

惑星カリヨンを占領したことによって、地球統一連邦直轄区とじかに接することになったからでしょうな。

続きを読む "アルマゲスト その21" »

2006/08/12

アルマゲスト その20

1週間ぶりの更新になってしまいましたが…。

もうガマンできん。

神聖メシアン教国、滅びてもらいます。

第1艦隊:モリサキ少将
第2艦隊:ドレイク中佐 でGO!

38msa

寝言をぬかすな。このジジイ!

続きを読む "アルマゲスト その20" »

2006/08/05

アルマゲスト その19

惑星ガンダルヴァに続いて、カリヨンも攻略。
経済的基盤はかなり強化された。

それにしても、神聖メシアン教国のマイケル・ガーディアン教皇は強情だわ。

34

「何ぬかしやがる。このクソジジイ!」

などと下品な言葉を、ナナミ女皇が口走るはずもなく…。

2006/08/04

アルマゲスト その18

トリフネ要塞から亜空間滑走(HSS)航法を使ってイザナギ星系を後にした第1および第2艦隊は、1週間後、イザナミ皇国宇宙軍として初めてαケンタウリ星系に姿を現わし、シルクロード要塞の衛星軌道上に到達した。

31

ターゲットを防衛衛星Ⅰに絞って攻撃開始。
反撃でフレスヴェルグ級巡洋艦1隻を失ったものの、難なく防衛衛星を全滅させて無力化に成功。
「全艦、大気圏に突入せよ!」で、あっさりとシルクロード要塞を攻略しました。

続きを読む "アルマゲスト その18" »

2006/08/03

アルマゲスト その17

予期も予想もしなかったことが起きた。

アガスティア行政区(AGS)のマハートマー艦隊は、惑星ファーランド奪還を目的に主星アガスティアを出撃したが、HSS航路のステーショナリーポイント付近でフリーダムトーチ共和国(FDM)のオールドソン艦隊に遭遇。
ヘンリー・オールドソン元帥は72歳の老将だが、その用兵術は銀河系屈指といわれている。
巧緻を極めた用兵の前に、マハートマー艦隊はなすすべなく敗れ去り、そのままオールドソン艦隊は主星アガスティアを攻略。

なんと…

続きを読む "アルマゲスト その17" »

2006/08/02

アルマゲスト その16

総務省人材捜索局がついにドレイクの身柄を確保した。

30 

調べによると、ドレイクはサクラ・コミュニティーの名家につながる家系の出身であるとのこと。古色蒼然たる因習を嫌って海賊の道を選んだらしい。
ドレイクは、イクセ皇王との対面でその人となりに少なからぬ感銘を受けた様子で、皇王に恭順を誓い、少佐に任官された。
ドレイクの用兵センスには非凡なものがあり、モリサキ少将やイズハラ准将あたりから正統派の理論を学べば、一層磨きがかかるだろう。
いずれにせよ、わが軍の戦闘能力がさらに強化されたことは間違いない。

続きを読む "アルマゲスト その16" »

2006/08/01

アルマゲスト その15

26wltcbrz

ロゼッタ星系の覇権をかけて、ついに両国が激突です。

続きを読む "アルマゲスト その15" »

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31