« こんなん見つけました | トップページ | アルマゲスト その2 »

2006/07/19

アルマゲスト その1

昨日の記事で紹介した「Almagest -Overture-」。恒星間移民が進んだ時代の宇宙を舞台とする戦略シミュレーションゲームであり、プレイヤーは星間国家の元首となって、宇宙の統一か、同盟締結による戦争終結を目指すってわけ。

未来って言っても、そのくらいの未来なんだろうか? ゲーム中では「星刻歴」という暦が使われているが、これが西暦にどう対応するのかについての記述はないため、正確なところは不明。ただ、同じように宇宙における覇権争奪戦を描いた、田中芳樹氏の『銀河英雄伝説』では「西暦2391年にワープ航法が実現した」とあるから、まあそのあたりなんだろう。

さて「Almagest -Overture-」では、宇宙は5つの星系に分かれており、40の惑星はすべていずれかの星系に属している。もちろん地球も存在していて、ソル(太陽)星系アースと呼ばれている。アースは人類の正統政府である「地球統一連邦」の主星だが、「居住可能領域の著しい減少と資源の枯渇は深刻で、その繁栄は殖民惑星への圧制によって支えられている」とある。予想どおりの堕落ですな、堕落。

で、これらの星系・惑星が12を数える星間国家の領土となっているわけ。

プレイヤーは12の星間国家の中から統治する国を選ばないといけない。今回は、その国名から古き良き日本を彷彿させる

「イザナミ皇国」

を選んでみた。

イザナミ皇国の説明…「国民の大半が一目で「東洋系」と分かる外見をしているのが大きな特徴。地球時代の独自文化を強く奨励しており、エキゾチックな国柄として知られるが、その一方で応用分野での技術レベルには特筆すべきものがある」

« こんなん見つけました | トップページ | アルマゲスト その2 »

Almagest Vol 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/11000088

この記事へのトラックバック一覧です: アルマゲスト その1:

« こんなん見つけました | トップページ | アルマゲスト その2 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31