« アルマゲスト その2 | トップページ | アルマゲスト その4 »

2006/07/21

アルマゲスト その3

前置きが長くなったんで、そろそろ始めましょうか。ブリーフィングはまた必要に応じて…。

星刻歴522年【ターン10】から開始。

何をするにも必要なのは「人」ということで、人材捜索機関を使って人材の発掘を実施。その結果、シアリー・エルテン氏とブルーノ・マイヤー氏との接触に成功した。
じゃ、まずはエルテン氏と交渉。
すると現れたのは…

Photo_5

このメイドさん、やる気あるんかしらん。

マイヤー氏も要請を応諾してくれたので、士官が2人増えて7人になった。2人ともまずは少佐からのスタート。

最初は内政に力を注ぐど~。

●兵器開発
「フレスヴェルグ」級巡洋艦を優先開発する。
全ての能力が平均的な艦艇で、高い汎用性を持ち、これといって目立つ弱点もない。
基本フレームはスコル級駆逐艦のものを拡張して再設計されているが、装甲素材は一ランクの上のものが採用されている。スコル級では積載スペースの制限で搭載できなかった対艦巡航ミサイルも、少数ではあるが標準装備となっている。
大型艦に比べると力不足は否めないが、建造コストの安さは大きな売り。当面は、この艦種を艦隊編成の基本にしていこう。

●経済投資
ルメルシエ少佐の指揮で、惑星ミョウジョウにおける経済投資を実施。

Photo_4

彼女、弱冠20歳(士官学校在学中?)だが、国家内政を専門に学んでいて、惑星を統治する術に長けているらしい。
で、今回の投資の結果、惑星ミョウジョウの経済規模が最大値の752に。素晴らしい手腕ですな。

ちなみに、惑星の防衛艦隊はなるべく最大まで増強しておいた方がよいとのこと。防衛艦隊が少ないと、惑星が宇宙海賊による被害を受ける危険性があるんだって。

« アルマゲスト その2 | トップページ | アルマゲスト その4 »

Almagest Vol 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/11048439

この記事へのトラックバック一覧です: アルマゲスト その3:

« アルマゲスト その2 | トップページ | アルマゲスト その4 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31