« アルマゲスト その8 | トップページ | アルマゲスト その10 »

2006/07/26

アルマゲスト その9

Yasio01

ついで、「純白の信仰旅団」 を名乗る団体から犯行声明が届けられた。
要求は「惑星イザナミに救世主を迎えるためのメシアン教国の建国を認めることであり、これに従わない場合、八潮皇子の身の安全は保証しない」とのこと。

イクセ皇王の言葉どおり、狂信者どものハネ上がり行為ですな。
メシアン過激派 の犯行とみて間違いないでしょう。

ただ、モリサキ少将は「イザナギ皇国内部から情報がリークされた可能性が高く、それには桜花共同体、通称サクラ・コミュニティーが関わっているのではないか」という。

えーと、サクラ・コミュニティーっていうのは、「旧世紀に失われた島国(日本のこと?)出身者たちが中心となって」(アルマゲスト・マニュアル「国家設定」より)興した民族運動であり、イザナギ皇国の建国母体だそうな。
で、このサクラ・コミュニティーの代表者が、皇王の血統であるイクセ家。建国当初は帝政を布いていたが、自治区としての承認と引き換えに「適切な時期に」立憲君主制に移行することとなっており、現在では施政の大半は議院が運営している。

だが、いつの時代にも改革に抵抗する輩はいるもので、現皇王の潔癖な政治姿勢もあいまって民主化・政治浄化が進むにつれ、サクラ・コミュニティーは、地球時代の栄光を取り戻すべく歴史を逆行させる反動勢力としての色彩を強めていき、現在、皇王とサクラ・コミュニティーは対立関係にあるというわけ。

いずれにせよ、不測の事態に備えて、出撃準備を整えておこう。
艦隊編成は以下のとおり。

第1艦隊:司令官・モリサキ少将、副司令・マレザキ少佐、参謀官・エルテン少佐
フレスヴェルグ級巡洋艦36隻、兵員36000人

第2艦隊:司令官・イズハラ准将、副司令・ツキナリ中佐、参謀官・マイヤー少佐
フレスヴェルグ級巡洋艦34隻、兵員34000人

« アルマゲスト その8 | トップページ | アルマゲスト その10 »

Almagest Vol 2」カテゴリの記事

コメント

おお!マレザキがおる!!!
マレザキを惑星○ザ○○に動かすと・・・
そしてメ○ド+マレザキで組ませると・・・

WLTでBRRのベッケンバウワーの御爺様の前に屈服・・・
以後、ちまちまと艦隊戦で功績稼ぎ・・・

> そしてメ○ド+マレザキで組ませると

すげぇ! 文字どおり最強のコンビですね。
無敵艦隊が実現しそう…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/11102016

この記事へのトラックバック一覧です: アルマゲスト その9:

« アルマゲスト その8 | トップページ | アルマゲスト その10 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31