« 山口国体にまた脆弱性が発見されました | トップページ | 中間試験なんて怖くない! »

2011年5月22日 (日)

Google日本語入力は近代を超えた!?

計算もできるGoogle日本語入力の高性能ぶりに仰天(アメーバニュース)

2ちゃんねるのまとめサイト「まめ速」が、「googleIME高性能過ぎワロタwwwwwww」というスレッドを紹介している。

これは、Googleが無料提供している日本語入力システム「Google日本語入力」に関するスレッドで、主にその日本語変換の性能の高さについてコメントされている。

多くの人が注目していたのが、日付や時刻の変換。たとえば「きょう」と入力して変換すると、入力した日付が表示され、「あした」と入力すれば、その翌日の日付が表示される。また「いま」と入力すれば、その時点の時刻が表示される。また、「1867年→慶応3年」「645年→大化元年」など、西暦を元号に変換できることも可能なのだ。

さらに、Google日本語入力では、「1+1=」などと計算式を入力すると、その解答が変換されて出てくるという機能も備わっている。これについては「345*34=→11730 電卓いらずwwwwwwww」「34675*2435=→84433625 天井知らずwwwwwwww」などと、楽しみながら、その機能を堪能していた。また、たとえば「65535→0xffff」のように、任意の数字を入力すると16進数、あるいは8進数、2進数への変換も可能で、これには「きめええええ」と思わず引いてしまう人も。

そのほかにもスレッドでは、三国志の登場人物が一発で変換されたり、簡単な英語をカタカナ入力することで英単語に変換されたりなど、いろいろなGoogle日本語入力の機能が紹介されていた。

確かにこれはすごいlovely

上の行で「これは」と入力したところ、変換候補に「これはひどい」「これはすごい」と表示されるのです。

MS-IMEって、人名に弱い印象があるんですけど、Google日本語入力では「大西政寛」一発変換、「美能幸三」二発変換、「田岡一雄」一発変換……いや~恐るべしsign03

これはやめられませんわgood

|

« 山口国体にまた脆弱性が発見されました | トップページ | 中間試験なんて怖くない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/51740144

この記事へのトラックバック一覧です: Google日本語入力は近代を超えた!?:

« 山口国体にまた脆弱性が発見されました | トップページ | 中間試験なんて怖くない! »