« 麻生、勉強会は高級日本料理店…5候補のセレブな日常 - 速報 ニュース:@nifty | トップページ | "歴史的"麻生首相が成果強調 - 注目ニュース:@nifty »

2008年9月19日 (金)

“要注目”のミュージシャン

ひさびさに 「これは!」 というシンガーに出会った。

森本ケンタオフィシャルサイト

「出会った」といっても、じかに対面したわけではない。

本日、勤務校での文化祭が開催され、その中の一行事としてライブを披露してくれたというわけ。

どういった楽曲なのかというと、こちらの動画をご覧いただきたい。

(GEN)2はそもそもハイトーンボーカルが好みで、古くはオフコースの小田和正、X JapanのTOSHI(美声ではないが、ノドに注射を射ちながらのシャウトは凄絶)、女性では、これも古いが八神純子(日本最高の女性ボーカリストの一人だと思う。パワーと艶と変幻自在の色を持つ声は、女性では彼女以外にない)などがよい。

海の外に目を向けると、何といってもFair WarningのTommy Heart(Wild&Beauty&Powerful&Clearly…とにかく絶品)、John Bon Joviもかなり高め。
あと、女性としては高いとはいえないが、HeartのWilson sistersPat Benetar(このあたりまでくると、自分の年齢もバレバレだが)。

そういえば、わが「凌/Shinogi」のボーカルKARENA-I氏も高いことは高かった。

なんだか話がそれてしまったが、要するに、この森本ケンタ氏もきれいなハイトーンの持ち主で、その点(GEN)2の好みに合致している。

また、当然といえば当然なんだが、ライブの肉声のほうがはるかにパワーがあり、さらに、抒情的なメロディ、妙な技巧に走らないストレートな歌詞もあいまって、楽曲全体からミュージシャンとしての思いが脈々と伝わってくるように感じた。

国内・海外アーティスト含めて、そこそこの数のライブに参戦している(GEN)2だが、これほどよい意味で期待を覆された経験はかつてない。

今後、“要注目”のミュージシャンである。

|

« 麻生、勉強会は高級日本料理店…5候補のセレブな日常 - 速報 ニュース:@nifty | トップページ | "歴史的"麻生首相が成果強調 - 注目ニュース:@nifty »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/42528044

この記事へのトラックバック一覧です: “要注目”のミュージシャン:

« 麻生、勉強会は高級日本料理店…5候補のセレブな日常 - 速報 ニュース:@nifty | トップページ | "歴史的"麻生首相が成果強調 - 注目ニュース:@nifty »