« 哀愁のビンゴ | トップページ | クリスマスの恒例行事 »

2006年12月21日 (木)

首都圏記憶の旅シリーズ5

本シリーズも今回で終わり。写真が尽きてしまいました。

んで、最終回は箱根。
↓は箱根湯元駅。小田原から乗ってきた小田急のロマンスカーが停車しています。

035_1

休日の昼風呂&生ビール&昼飯は、実に良かった。

露天風呂を堪能した後は、箱根登山鉄道でもって強羅まで。80‰(1000メートル進む間に80メートルの高さを登る)の急勾配は、けっこう感動モノ。

039_1

ただ、坂を上りきったところの強羅には大したモノはなかったような記憶が…。

038_1

この後、小田原に戻って、東海道線で横浜まで出て、同僚たちが催してくれた送別会に出席。素晴らしい一日になりました(^o^)

|

« 哀愁のビンゴ | トップページ | クリスマスの恒例行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/12933428

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏記憶の旅シリーズ5:

« 哀愁のビンゴ | トップページ | クリスマスの恒例行事 »