« WBCの話から… | トップページ | The Comeback »

2006年3月26日 (日)

The 出産

今朝、4:00に電話のコールでたたき起こされました。
電話をとったのはかみさん、相手は(双子)出産準備で入院中のおいらの実妹。

「破水した。もうすぐ産まれる」

自宅の亭主には連絡したが、実家にはいくら電話しても出ん、という。
今日は親父が仕事で、実家にはお袋一人のはずだが…?

「心配じゃけん、行ってみた方がええんじゃないん?」とかみさんも言うので、未明の国道185号線を車でぶっ飛ばして実家まで。

行ってみると何のことはない、お袋は精神安定剤を服用して眠りこけていたとのこと。
事情を説明して、取るものもとりあえず二人して病院へ駆けつけました。
妹の亭主(義弟)に会って話を聞くと

「さっき分娩室に入った。もう頭が出かかっとる」

ところが、それから30分ぐらいあとには医師から

「時間かかりそうなんで、帝王切開で出す」

ひぇー、腹切るんかい(怖)

もっとも、自然分娩時でも裂傷を防ぐために予め「会陰切開」というやつをやるらしいんですが…考えただけでも(痛)。

さらに30分のちに、なんとか♂の双生児を無事出産。32週に入ったばかりなんで、体重はどちらも2000g未満。
保育器に入れられたのをちらっと見せてもらったんですが、産んだ本人は全身麻酔で眠りこけとるし、ちょうど亭主はいったん自宅に戻った時だったんで、両親よりも先においらとお袋が子供たちの姿を見たことになります。
なんか悪いことしたような…。

|

« WBCの話から… | トップページ | The Comeback »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/9261481

この記事へのトラックバック一覧です: The 出産:

« WBCの話から… | トップページ | The Comeback »