« 今日は… | トップページ | 賛同表明いたしました »

2006年2月 9日 (木)

最悪の構図

いや、なんだか大変な展開になってきています。

ライブドア事件絡みで変死した野口英昭氏

こちら「きっこのブログ」のエントリー「ある往復書簡」の内容からすると、どうやらこの事件、かねてから疑念を抱いていたとおり、

国家権力による犯罪

の様相を呈してきました。

その犯罪のもみ消しに警察とマスコミが加担しているという最悪の構図です。

一体、この外道ども、どこまで堕ちていくのか…。

【関連記事】
●世に倦む日々「行政不服審査法の法理と懸念 - 実姉は細川律夫議員に相談を
●らんきーブログ「国やマスコミよりも信じられるもの・・・

|

« 今日は… | トップページ | 賛同表明いたしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92467/8581813

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の構図:

» 国やマスコミよりも信じられるもの・・・ [らんきーブログ]
昨日の -きっこのブログ- ある往復書簡を見た人は多いと思う。 まだ見ていない人はとりあえず読んでみる事をお勧めします。 皇室典範問題も書きたいのだけれどまだまだこの野口英昭氏の他殺問題から離れられない。 皇室典範問題はまさに現人神というか八百万の神(やおろずのかみ)が小泉政権の暴走にストップをかけたかのような気持ちだ。天の意志のようなものを感じました。小泉政権が終わる頃にまだ生別はわからないにしても生まれる事といいこれ以上勝手な事はさせない というような意志です。 さて、きっこのブ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 20時23分

» 司法警察員と検視調査官の氏名、当日の検視報告書を提出させよ [世に倦む日日]
昨日(2/7)、民主党議員の細川律夫が衆院予算委で事件について質問したが、われわれが望む真相の究明には繋がらず、結果的に警察による捜査の幕引きをオーソライズするセレモニーに終わってしまった。細川律夫は個人的に応援している議員であり、悪口は言いたくないのだけれど、昨日の質問は最悪で、表面的には警察に再捜査と情報公開を促す趣旨の質問だったが、内容的には逆に警察の幕引きを公認するための誘導演出の質問協力的な印象が強かった。赤坂の料亭での国対協議で、政権側からこのシナリオでの「質問」を依頼されたのではないか... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 20時39分

» 野口英昭さんの変死を巡る次の一手 [踊る新聞屋-。]
 縄田修・警察庁刑事局長「犯罪に起因しない方が亡くなられたということで、どこまで説明するか悩ましいこと」(18:00~) 沓掛哲男・国家公安委員長「死者の名誉に [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 23時13分

» 野口英昭氏はコミックヲタ? [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
週刊文春2/16号「野口怪死」第3弾を読むと、野口氏が滞在していたカプセルイン沖縄経営者が、野口氏の顔に見覚えがあったと証言している。本人も前に泊まったことがあると言っていたといい、戸惑うことなくホテルの施設を利用していたという。... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 23時28分

« 今日は… | トップページ | 賛同表明いたしました »